カテゴリ:Other items( 66 )
CARBONを買っちゃった!


c0045442_09254812.jpg

F1日本グランプリでのお買い物、普段飲まないのに何を血迷ったか、CARBONのシャンパンを買ってしまいました。
カーボンファイバーをあしらったボトルに、F1公式のロゴが神々しく輝き、化粧箱もピアノブラック塗装の木製で高級感があります。


c0045442_16021468.jpgなぜこれを購入してしまったかですが、今年からパドッククラブ内にF1 Club Boutique(F1クラブブティック)というF1関連の「ちょっとお高いもの」を販売するショップが出店するようになりました。
このお店は、チームグッズ中心のF1 STOREよりも値段設定は高めですが、いわゆるメモラビリアと呼ばれるレプリカヘルメットやアマルガムのモデルカー、F1関係のペイント類(絵)、カフスやタイピンなどのアクセサリー等を扱っており、購入出来るのはパドッククラブに来られたゲストのみとなっています(パドッククラブ内ですから当たり前ですね)。


c0045442_09393691.jpg
その棚に鎮座していたのが、ポディウムで使われるマグナムボトル(6ℓ)のCARBONと、隣にちょこんと小さなF1ロゴ入りのボトル(750ml)でした。マグナムボトルは150万円とかなりいいお値段で、お店の方は「ご希望のサーキットのラベルをお張りしますよ」とにっこりと微笑んで話してくれましたが、流石に買えません(笑)。隣の小さい方は、F1ロゴ入りでなかなか格好良く、値段は39,000円。もちろんカーボンファイバーで出来ています。
 …というわけで、気がついたらカードで支払っていました。

ボトルは日本国内の販売代理店(マーカム・インターナショナル社)から1ヶ月後に届きました。
解説によりますと、中身はとても良いお酒のようなのですが、あくまでもコレクションとして開けずに保存しておきます。
販売代理店から届いた丁寧なメールによりますと、リッツカールトン、ヒルトン、東京ベイコート倶楽部等で飲めるようですので、いつか機会があったら実物をテイストしてみたいと思います(笑)
ちなみにネットで調べてみると、CARBONの通常瓶タイプが税込み6万円近くしますので、F1ロゴ入り特別仕様にしてはかなりお得(消費税も送料もかかりませんでした)だったのではないかと思います。

F1マニアの皆様、おひとついかがですか?

[PR]
by es-images | 2018-11-04 10:32 | Other items | Comments(0)
NEW F1 LOGO PIN
c0045442_16522875.jpg
リバティメディアに運営が移り、良くも悪くも様々な改革を進めているFormula 1でありますが、今シーズンからF1ロゴも新しいものに刷新されました。
昨年最終戦での新F1ロゴのお披露目では、見慣れたF1ロゴとはイメージがかけ離れており、これは無いだろう感を強く感じました。

…ですがしばらく時が経過して見慣れてくると、これも悪く無いかな、という感覚が湧いてくるので不思議ですね。
新体制でのF1、これから何年もこのカタチで行くのでしょう。

と言うわけで、開幕戦オーストラリアGPのホームページを眺めていたら、早速新F1ロゴグッズが登場していたので、思わずポチリました。
こちらのピンは8AUDでしたので、700円程でした。他にF1ロゴ入り傘とF1ロゴ入りパスケースを購入しましたが、ご紹介は割愛します(笑)。

私はチーム関係のグッズは今では殆ど購入しませんが、シンプルな新F1ロゴ入りのアパレルが登場したらまた入手しようと思います。
何しろ、「天下のF1ロゴグッズ」ですから(笑)

F1ファンの皆様は新しいロゴ、もう見慣れましたか?



[PR]
by es-images | 2018-04-07 17:10 | Other items | Comments(0)
SEIKOの腕時計
c0045442_23114932.jpg
SEIKOの腕時計を自分で買うのはもしかして初めてかも知れません。
大昔、デジタル腕時計が流行り始めた頃に、カレンダーが全面に表示されたデジタル腕時計を親に買ってもらって以来のSEIKOです。
社会人になってからは、F1ファンということもあってずっとタグホイヤーのクオーツをしていました(S/EL)。
この時計はたまたま某量販店のタイムセールで値引きが良かったのと、前から興味もあったこともあり初めて購入した次第です。
普段使いはまだタグホイヤーをつけようと思いますが、時刻合わせも電池交換も不要の完全メンテフリーのこの時計は、ちょっとした会合などにつけてみようと思います。
メイドイン、ジャパン、万歳(笑)



[PR]
by es-images | 2017-03-04 23:25 | Other items | Comments(0)
Kimiの腕時計
c0045442_1126350.jpg先日キミの来期からのF1復帰(ロータス)が発表されました。かねてよりウィリアムズと接触したとか噂がありましたので、それほど驚きはありませんでしたが、ロータスから公開されたインタビュー動画のボソボソと単調に話す様子を見て、これがまた予選トップ3や表彰式後のインタビューで聞かれるようになれば楽しいかなと思いました。さて、私が彼の画像を見ていた気がついたのは、彼の腕時計でした。

c0045442_11295439.jpgその部分を切り抜くとこんな感じになりますが、ぼやっとして見づらいなか、どこかで見覚えがあるなぁ、と調べてみたら・・・


これでした
[PR]
by es-images | 2011-12-03 11:37 | Other items | Comments(0)
2009年 パーマネントパス
c0045442_22252060.jpg久々のレアもの関係の更新です。昨年のパスですから超今更な印象は拭えません(笑)が、貴重なものには変わりないのでご紹介しました。某日本人ドライバーのパスでございます。さて、今年のパスは手に入るでしょうか・・・?

c0045442_2228412.jpgついでにもう一つ、2006年の物ですが、パーマネントVIPパスです。これを持つ人は限られた方のみです。ちなみにこれは某イギリス人ワールドチャンピオンさんのものです。メタル部分がつや消しでなくてポリッシュされているのがこのパスの特徴です。

こういったモノはF1舞台裏マニアにはたまらない逸品なのです。
[PR]
by es-images | 2010-12-15 22:31 | Other items | Comments(0)
F1特製?マジックインキ
c0045442_11403290.jpg
コアなF1マニア向けのグッズのご紹介(笑)。こちらはF1のタイヤにマーキングするための特別なマジックのセットです。本来市販はされていないのですが、六本木のF1ピットストップカフェ限定で販売されています。

c0045442_11423994.jpg
中には、現在もオプションタイヤの目印としてマーキングされている緑色と、2008年までソフトタイヤの印としてタイヤの溝に塗られていた白色の極太マジックが入っています。おまけに元祖マジックインクの形をした消しゴムと、何故かトヨタの100円ライターも入っています。

c0045442_1151812.jpgこちらのF1 PIT STOP CAFEにて絶賛販売中です。お店にはこうしたグッズやF1関連ウェア、ミニカーも販売されています。F1ウィークには観戦会も行われていますよ。

[PR]
by es-images | 2010-05-09 11:56 | Other items | Comments(0)
モンスター!
c0045442_233693.jpg
本日関西の友人からお届け物が・・・開けてみてビックリ、何とあのMONSTER ENERGYではありませんか!このドリンクについては、先日話題にして触れましたが、メルセデスGPのスポンサーになっていて、ミハエル、ニコ両ドライバーのヘルメットにロゴが貼られるようになりました。さてさて、どんな味がするでしょうか。いや、レアものコレクターとしてはもったいなくて飲めないです(笑)。
お送りいただいた友人に感謝感謝です。
[PR]
by es-images | 2010-03-31 23:17 | Other items | Comments(2)
2000 VIP Pass Collection No.17 - Malaysia -
c0045442_2384660.jpg
第17戦マレーシア。遂にラスト、まさにラスボスのご登場。"formula 1"、マッドサイエンティストが何やら研究を重ねているようです。金を生み出す方程式が誕生したのでしょうか?よくもこのようなデザインが許されたものだと関心しております。後にも先にもボスが登場するのはこれっきりではないでしょうか・・・笑。

さて、私のお気に入り2000年のVIPパスのデザインを紹介してきました。最近のパスはデザインが画一的で面白みに欠けていると感じていますが、この頃はパスもそうですがF1選手権もハッキネンとミハエルのガチンコ勝負があったり、見所が多かったように思います。2000年は日本人ドライバーがいませんでしたが十分に楽しめたシーズンでした。さて、ひょっとすると来年は日本人ドライバーもいないかも知れませんが、果たして2000年のように楽しませてくれるシーズンになるか、ちょっと懐疑的になっています。自動車メーカーの相次ぐ撤退、一方でプライベートチームの新規参入。何とか参戦チーム数では体裁を保っているようですが、やはりワークスと言える自動車メーカーの競い合いを見たいものですし、それを打ち負かすプライベーターの存在こそが醍醐味であったりします。"formula 1"、この言葉の重さを最近ひしひしと感じるようになりました。銭勘定だけでなく、フォーミュラ1たる一流の競い合いをファンに見せてくれるようにこの大ボスに願いたいものです。
[PR]
by es-images | 2009-11-18 23:27 | Other items | Comments(2)
2000 VIP Pass Collection No.16 - Japan -
c0045442_23345550.jpg
第16戦日本。日本を意識して、「扇子」が"cooling fans"なのですね。さて、いよいよ次でラストですが、最後にふさわしいあの方が登場です(笑)。
[PR]
by es-images | 2009-11-17 23:38 | Other items | Comments(0)
2000 VIP Pass Collection No.15 - USA -
c0045442_23184066.jpg
第15戦アメリカ。軍事大国だからって、"fuel tank"はタンク違いですね。アトラクションとしては面白いかも知れませんが・・・笑。
[PR]
by es-images | 2009-11-16 23:21 | Other items | Comments(0)