<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ベッテルが余裕のポールtoウィン(第8戦ヨーロッパ)
c0045442_23363283.jpg気持ちの良い好天に恵まれたバレンシアサーキット、予選ポールポジションのレッドブルのS.ベッテルが見事なポールtoウィンで優勝し、今期6勝目を挙げました。2位には地元スペイン人のフェラーリ、F.アロンソが、3位にはトラブルを抱えながらもM.ウェバーが入りました。レースは大きなアクシデントもなく、見応えのあるバトルもない展開で淡々と進行して、ベッテルはタイヤ交換時以外は一度もトップを譲ることなくチェッカーとなりました。ザウバーの小林可夢偉は16位に終わり、連続入賞が途絶えてしまいました。
正直退屈なレースでした。天気が良かったので地元で観戦されたお客さんは楽しめたと思いますが、果たしてこの人工的に作られたストリートサーキットが本当にレースとして面白い所なのか考えさせられました。全車完走というのも、ストレスの少なさを表しているのでしょうか・・・。それにしてもベッテルが独走しすぎなのでちょっと休んで欲しいものです。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2011-06-26 23:50 | F1 | Comments(2)
'11 F1日本グランプリの宿ゲット.2
c0045442_22242336.jpg折を見てはちまちま旅行サイトを探っていたところ、本日思いがけず四日市のホテルが引っかかって来ました。近鉄四日市から徒歩2分という好立地。お客さんのクチコミも良い評価が多かったので速攻で予約を入れました!四日市は鈴鹿サーキット観戦時のほとんど定宿となっている地域でして、昨年奇跡で取れた鈴鹿市を除いて、F1の時はほぼ毎年四日市でした。今年も慣れたところから通いますかね(笑)。
[PR]
by es-images | 2011-06-23 22:32 | 2011 日本GP | Comments(2)
バトンが波乱のレースを制し今期初優勝(第7戦カナダ)
c0045442_22265618.jpg降雨による赤旗中断を含め4時間以上にも及ぶ長いレースとなったカナダGP、ファイナルラップで優勝をもぎ取ったのはマクラーレンのJ.バトンでした。レッドブルのS.ベッテルは最後の最後でスピンを喫して2位、3位にはM.ウェバーが入りました。赤旗中断時に2位だった小林可夢偉は、7位入賞となりました。
あまりにも長いレースとなったため、録画が上手くいかず、本日再放送でようやくレースを見終わりました。いやはや、色々なインシデントがあったカナダGPですが、バトンの追い上げはお見事でした。次戦から再びヨーロッパに戻りますが、タイトル争いがもうちょっともつれてくれないかと思っています。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2011-06-18 22:38 | F1 | Comments(0)
カナダGPの完全版再放送決定!
c0045442_2182514.jpg
雨で放送が延長されたカナダGP、フジテレビNEXTでノーカット完全版の再放送が決定していました!かくいう私も、生放送は仕事の関係で見られない為、録画を見ようと月曜日に情報断ちを徹底して見事に成功したのですが、さて楽しむか!と思って見ていたら・・・赤旗中断が長すぎて再スタート直前で切れていました(泣)。と言うわけで、昨年の韓国GPに続いてNEXTで完全版が再放送されることになり、まずは一安心しました。やはり有料放送だけあって、このような対応をきちんとしてくれて、コアなF1ファンにはありがたいですね(いや、有料だからやって当たり前なのかな)。
・・・ですが、5時間の放送を果たして見る時間があるのかという難題が(笑)
[PR]
by es-images | 2011-06-15 21:18 | F1 | Comments(0)
元町F1狂走曲!
c0045442_13432890.jpg
6月5日の日曜日、東日本大震災のチャリティーイベントとして、横浜元町でレッドブルのENERGY FOR JAPANが開催され、日本初のF1マシンの公道デモンストレーション走行が行われました。
朝6時半頃に現地に到着したときには、既に最前列は9割近く埋まっていましたが、なんとかGODIVA脇の交差点に場所を確保、その時を待ちました。午前9時、見物人が向こうの通りまであふれるなか、トロロッソドライバーのS.ブエミ、横浜市長らがパレードランの後に、本物のF1マシンがすぐ目の前をエキゾーストを轟かせて疾走してゆきました。大変な混雑だった為に、当初二往復だった走行が一往復になってしまい非常に残念でしたが、久々のF1マシンのサウンドとニオイをしっかりと感じることが出来ました。

c0045442_13585780.jpg
ツイッターでフォローしている方も多く来られていたようですが、混雑のために残念ながら会うことが出来ませんでした。タイムラインからは同じ現場の空気感を共有できた様子が見て取られ、楽しむことが出来ました。あまりの混雑と、早朝から飲まず食わずの立ちっぱなしだった為に、イベント終了後は早々に撤収してきました。こうした一般の人が生のF1を体感できるイベント、これからもどんどんやって頂きたいものです。

Es-IMAGES, 2011
[PR]
by es-images | 2011-06-05 14:11 | Enjoy F1 | Comments(11)
"1"への回帰
c0045442_1524125.jpg
様々な事情で"1"を使わなくなって2年あまり。今年は進化した四代目を手に入れ、再び挑戦します。
[PR]
by es-images | 2011-06-04 15:08 | Camera | Comments(2)