<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Formula One Paddock Club (5)
c0045442_23164678.jpgパドッククラブ内で唯一出店が認められているショップの紹介です。日本グランプリでは、昨年(たぶん・・・)からMIKIMOTOがビレッジ内に出店していました。貴金属類には興味がないのでお品物の内容はよく見てきませんでした。

c0045442_23204751.jpg左の写真はハンガロリンクのパドッククラブ・ビレッジにあったTAGHEUERのスタンドです。残念ながら、TAGHEUERがF1のテクニカルスポンサーを降りた昨年から出店はなくなりました。それまでは日本グランプリでも出店があり、店員さんはハンガロリンクと同じ方が来ていました。

c0045442_23254554.jpg日本には来ませんが、海外ではSIEMENSのスタンドが入っていて、携帯電話を販売しています。何故日本に来ないかと言いますと、おそらく携帯電話の方式が全く異なるからだと思われます。F1ロゴの入った限定品が販売されています。

c0045442_23365575.jpgさて、これはTAGHEUERのスタンドで購入したパドッククラブ限定のKIRIUM Ti5のパッケージです。スリーブがパドッククラブロゴ入り!

c0045442_23365739.jpgHPにも載せていますが、その中身です。見づらいですが、ダイヤルにPADDOCK Clubのロゴが入っています。バンドはラバーですが、タイヤと同じようなグルーブが入っています。もう2度と手に入りません。

c0045442_23403790.jpgこちらは昨年購入したSIEMENSのパドッククラブ限定GSMです。携帯電話ですが、日本国内では使用できません。単に裏蓋にPADDOCK Clubのロゴがシルク印刷されているだけの物ですが(笑)。残念ながらこれも今年ハンガロリンクでは売っていませんでした。



KIMUTAKAさんがコメントに残されていましたが、以前はパドッククラブのオフィシャルグッズが多数販売されていたスタンドがありましたが、もう何年か前に姿を消しました。パドッククラブマニアとしては、是非とも復活して欲しい物です。
[PR]
by es-images | 2005-10-29 23:47 | Enjoy F1 | Comments(11)
Formula One Paddock Club (4)
続いてお食事についてです・・・が、その前に、まずパドッククラブのブースに入り着席するとウェイトレスさんがすぐに「何かお飲みになりますか?」と聞いてきます。ジュースやアルコール、ミネラルウォーターでも何でもOKです。また、パドッククラブによっては、朝クロワッサンを出してくれるところもあります。


c0045442_2333588.jpgさて、お昼時になると写真のような料理(前菜)が運ばれてきます。前菜が食べ終わる頃、肉料理の焼ける良い香りがしてきますよ(笑)。ブースの壁際にビュフェがあり、そこでコックさんが調理した物を好きなだけ取り分けます。一通り、食べ終わりますと、「コーヒー、カプチーノは如何ですか?」と勧められます。そしてデザートが出てフィニッシュです。そうそう、忘れちゃいけない、MUMMのシャンペンCordon Rougeも食前にいただきます!
写真の前菜は、"crispy shrimps salad cilantro sauce"です。

c0045442_23153686.jpgパドッククラブのお食事は、実は日本で調達された物ではないようです。またスタッフの方達も、日本だというのに外人が・・・(一部派遣の日本人スタッフもいますが)。そうなんです、パドッククラブのお食事は国際ケータリング会社のDo&Coでまかなわれています。このオーストリアの会社は、パドッククラブを独占的に取り仕切っています。ですので、先述のASM直轄のパドッククラブではほぼ同じ品質のお料理をいただける事になります。なんというクオリティコントロールでしょう。さて、写真のお料理のメニューもなかなか洒落た物ですよ!肝心のお味の方ですが、サーキットで食べられる料理としてはかなり美味しい方だと思います。日本で食べても、ハンガリーで食べてもほとんど変わらない素晴らしいお料理だと思います(笑)。

c0045442_2325141.jpgさて、お食事以外にちょっとした物をいただけるのが、パドッククラブのビレッジにあるBARです。残念ながら日本では私は時間の都合で利用しませんでしたが、パドッククラブのブースで飲める物はほぼ揃っています。また、ハンガリーでは「スムージー」なんかも置いてあって、暑い中でちょっとした涼しさを味で楽しむ事が出来ました。

ちなみに・・・パドッククラブのミネラルウォーターですが、ガス入りがサンペレグリノ、ガス無しがパンナです。


実はこの記事は昨日UPしようと書いていたのですが、突然PCの電源が落ちてしまいくじけてしまって今日になりました。書こうとしていた内容とちょっと違ってしまったかもです(笑)。そうそう、私のPaddock Clubに関する記事は取材に基づいたものではありませんので、間違い等、お気づきの点がありましたら、遠慮無くコメントでお叱り下さい。Paddock Club マニアの方の書き込みも大歓迎です。
[PR]
by es-images | 2005-10-25 23:53 | Enjoy F1 | Comments(6)
Formula One Paddock Club (3)
c0045442_22282535.jpgパドッククラブのテーブルセットのご紹介。パスに記されている招待されたブースに入るとこのような丸テーブルが並べられています。一卓に10名が座れるようになっております。ホストがチームの場合、テーブルの上や椅子にお土産のグッズがセットされています。

c0045442_22325726.jpg一人分はこのようになっております。ナイフ・フォーク類は肉料理、魚料理というわけではなくて、前菜用とビュッフェ用、あとはデザート用です。ぬれおしぼりと、お箸は日本独特だと思われます。そうそう、テーブルクロスは、エルメス製です。

c0045442_22403190.jpgそのうちのナプキンですが、新旧2バージョンが存在します。ハンガリーでは昨年から既に新しいタイプ(右)でしたが、鈴鹿では古いタイプ(左)でした。今年の鈴鹿は新しいタイプに変更されておりました。

c0045442_22473915.jpg見にくいかも知れませんが、色違いがあります。一番標準的?な色は右のようなダークブルーです。画像の左はグレーです。他にグリーン(Jaguar)、イエロー(Jordan)、スカイブルー(Renault)、レッド(TOYOTA)などが昨年まではありました。


実はこのセット、オーストラリアでは全く目にする事がなかった(昨年まで)のですが、これはパドッククラブの主催がASM(AllSportManagement)直轄でないからだと思われます。他にたぶんブラジル(行った事がないので確認できず・・・)もそうかと思われます。
[PR]
by es-images | 2005-10-23 22:58 | Enjoy F1 | Comments(6)
久々に本家も更新
c0045442_1993599.jpgトップ頁の表紙のみですが、久々に本家を更新して音楽も変えました。ブログをやっているとwebsiteの更新がおろそかになってしまいます(笑)。
[PR]
by es-images | 2005-10-23 19:13 | F1 | Comments(2)
Formula One Paddock Club (2)
c0045442_1192828.jpgパドッククラブ入場の際にもらえるイヤープラグ(耳栓)です。昔は円筒形のもの(確かほかにも色が白いものがあったと記憶しています。四角いのもそうですが、年によってバリエーションが存在します)でしたが、最近は四角い小さなボックスに入ったものがもらえます。ボックスの裏側はベルトやポケットに差し込んで挟むように、あるいはパスの紐に引っかける輪っかが作れるような工夫がされているスグレモノです。何れのものも"FORMULA ONE PADDOCK Club"のロゴが入っています。私はF1の生音を楽しむのでこれらを一度も使った事はありませんが、記念品としては面白いかも知れません。
c0045442_11313585.jpg右は使用例ですが、私が見ていた限りこのような使用をされている方は皆無(笑)。


ちなみにイヤープラグ自体はスウェーデンのBilsom製です。Laser Lite® - Cordedだと思いますが、流石パドッククラブ、結構良いもの使ってます(笑)。
[PR]
by es-images | 2005-10-22 11:33 | Enjoy F1 | Comments(2)
Formula One Paddock Club (1)
c0045442_21533117.jpgF1観戦で購入出来るチケットでは最も高額なものであるパドッククラブ。気がつけば94年に初めて鈴鹿にF1観戦に来て以来、ずっとパドッククラブでF1観戦をしています。パドッククラブを一度体験すると、人によっては(笑)結構病みつきになってしまうもので、毎年来ているお客さんも何となく見覚えのある顔ぶれです。パドッククラブの入り口では、専任のスタッフがお出迎え。公式プログラムとイヤープラグを渡してくれて、腕にはリストバンドをつけてくれます。またここで荷物チェックも行われ、望遠レンズなどは持ち込み拒否されてしまいます。
パドッククラブへは、「ご招待されて」行くのが本来の姿なのでしょうが、残念ながらそのようなコネを持たない身分では、自力で購入するしか無いのが悲しいところです。

パドッククラブ公式ホームページ FromulaOnePaddockClub.com
[PR]
by es-images | 2005-10-21 22:14 | Enjoy F1 | Comments(3)
どっさり届きました(笑)
c0045442_228221.jpgこれは2000年シーズンの全17戦のVIPパスの束です。珍しく一度に入手できる機会がありました。生パスでは既に1セット持っているのですが、データの入った(BARのVIPパス)ものが全グランプリ分一度に手にはいることは滅多にないです。この年のVIPパスは、デザインがウィットに富んでいて面白く、後にも先にも最高のパスデザインだと思います。

[PR]
by es-images | 2005-10-19 22:15 | Goodies Other | Comments(0)
Takumaのミニカー その8
c0045442_212275.jpg2005年のショーカーです。実は、このミニカーは最初ネット経由で、ある所に注文していたのですが、うっかり支払いの期限を過ぎてしまってキャンセルになってしまいました。が、恵比寿にあるお店で容易に購入できました。大分琢磨人気も下火になってきているようです・・・。
[PR]
by es-images | 2005-10-18 21:23 | Goodies Modelcars | Comments(2)
今シーズンのF1GPが終了(第19戦中国GP)
c0045442_2227650.jpg長かった05年シーズン、アロンソが最終戦中国GPを制しました。この結果、コンストラクターズ・チャンピオンはルノーが獲得し、完全制覇達成です。
中国GP自体は、コースの一部が破損したり、カーティケイヤンのクラッシュによって途中セーフティカーが入る荒れたレースでした。残念ながら琢磨選手もトラブルで完走できませんでした。さて、来シーズン、規則改正により全チームのエンジンが2.6リッターV8となるため、今年の勢力図が保たれるかどうか"?"な状況です。さらに、新たなチームの参戦が噂されるなど、これからのオフシーズンも目が離せないでしょう。

(写真は今年のハンガリーにて)
[PR]
by es-images | 2005-10-16 22:29 | F1 | Comments(0)
THE RED BULLETIN
c0045442_23165822.jpg鈴鹿サーキットでレッドブルが配布したレッドブル新聞です。決勝後にも結果の速報を直ちに新聞化するのですが、その中に川井サンのインタビュー記事を発見。内容を良く読まずに「記念に」とサインをもらおうとしたら、「インタビューは受けましたよ・・・でも気に入らないですよ」と御機嫌斜め。そんな感じでしたので結局サインは遠慮しました(私がむさい男だったからかも!)。私には書かれている英語のニュアンスが今ひとつ理解できず、「まぁ、レッドブルの新聞だからね」的な印象なのですが、どの辺が気に入らなかったのでしょうか・・・。
[PR]
by es-images | 2005-10-14 23:24 | 2005 日本GP | Comments(3)