<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
F1観戦ツアー会社が倒産
c0045442_238967.jpg先週末に送られてきた一通の封書。開封してみると、この観戦ツアー会社が主催旅行社との契約問題で観戦ツアーを継続する事が出来なくなった、との短いコメントがありました。この観戦ツアーの主催者の方には、97年フランスGP観戦の時からずっと(当時は別会社の添乗員でした)世話してもらっていたので、このような終わり方となり非常に残念であるとともに、一切の連絡が取れない状況に、一リピーターとして腹立たしい思いです。この後いろいろと面倒な事が起こりましたが、なんとか自前で解決して折角予定した夏休みにどこにも行けなくなる状況は避ける事ができました。知識を下さったキムタカさん、お世話になりました。
[PR]
by es-images | 2005-06-29 23:15 | Travel | Comments(0)
カナダGPプロモ
c0045442_2219067.jpg先日行われたカナダGPで販売されたプロモーション用のモデルカーです。他にも、アロンソ、ラルフなどいくつか種類があるのですが、私はあとは琢磨選手の物を予約しています。1台70カナダドルですから、6200円位でした。オークションではなくて、カナダ直輸入です(笑)。
[PR]
by es-images | 2005-06-27 22:23 | Modelcars | Comments(0)
F1 Baton
c0045442_1316110.jpgここにもバトン渡されました!とりあえず、回答を・・・。

1.PCに入れているF1容量・・・ならぬ、壁紙やスクリーンセイバーに使っているF1モノは?

  PCには、壁紙やスクリーンセーバーの設定してないですねぇ・・・。代わりに、携帯にはPaddock Clubロゴ の待ち受け画面を設定してあります。
  そうそう、F901iSに代えてから、こんなもの作って、待ち受けに設定してます。(着モーションに設定できますよ。(c)FOA)

2.今愛用しているF1グッズや、チェックしている番組・雑誌・PCサイトなど

  愛用と言えるものは、無いですかねー。番組はスカパー!のF1中継ですね。雑誌は基本的に「F1速報」は全て、「F1グランプリ特集」もほぼ全て買って読んでます。サイトの方は、言わずもがな、 Formula1.com 、画像が豊富でグッズ類のチェックにも利用する Motorsport.com そして絶対に外せない F1観戦塾 さんですかね。

3.最後に買ったF1グッズ

  最後と言えるか(笑)、BARのUsedピットシャツ・・・とか。

4.特別な思い入れのある5人のドライバー

  一人目、片山右京選手: 私がF1を見始めた頃に同時にF1デビューを果たしました。
  二人目、アレッサンドロ・ザナルディ選手: 私の生涯で最初にサインをくれたドライバーです。
  三人目、ミカ・ハッキネン選手: 表彰台でのぎこちないガッツポーズ、トラックサイドで泣いちゃったモンツァのレースなど、彼の人間くささ(笑)、にはちょっと感動。
  四人目、ミハエル・シューマッハ選手: 私のF1時代を代表するドライバーでしょう。
  五人目、佐藤琢磨選手: 言わずもがな、ですね。2002年の鈴鹿での入賞が最も印象的です。

5.バトンを渡す5人

  はじめ、ヤタさんから「バトンを渡す」と書かれて、遂に海外グランプリにヤタさん家の「本物の犬」を連れて行かなくてはならなくなったのかと、焦りました(笑)。
  うーん、私の所にTB下さる方は、こちらから送った返しがほとんどで、相手の方も決してTB多い方では無さそうですので、今回はバトンタッチ、とりあえず見合わせましょう。
  そのかわり、「バトンが欲しい!」方は、コメント下さい。先着5名まで遠慮無くバトンお渡しします~。
[PR]
by es-images | 2005-06-26 13:24 | F1 | Comments(0)
2005 Unbranded Cap "1"
c0045442_9581058.jpgこちらが、カーナンバーが刺繍された「当初の」タバコ広告禁止国対応キャップです。これが使われる事はあるのでしょうか・・・?ちなみに市販の帽子もこのタイプですね。

[PR]
by es-images | 2005-06-25 10:00 | Caps | Comments(0)
2005 Unbranded Cap
c0045442_20535529.jpg今年、ミハエルがタバコ広告禁止国(現在までのところ、ニュルブルクリンク、カナダ、アメリカで使用)で使用している帽子です。例年ならば、フェラーリロゴの隣はカーナンバーの「1」が刺繍されていますが、今年は赤い6つの長方形がバーコードのように刺繍されています。

注:後から気がつきましたが、これはツバの部分にサイン刺繍の無いプロトタイプ(試作品)のようです。

[PR]
by es-images | 2005-06-21 20:57 | Caps | Comments(0)
ミシュランの選択(第9戦アメリカGP)
c0045442_2215474.jpg 北米2連戦の2週目であるアメリカGPが終わりました。レースはタイヤの耐久性の問題から、安全性を重視し、レース不参加を呼びかけた(正確に言うと、レースは成立したので不参加ではないのですが・・・)ミシュランユーザーの7チーム14台が、フォーメーションラップ終了後に全てピットに戻りリタイヤとなり、スタート時にはブリジストンユーザーの6台のみがレースを行うという極めて異常な状況で始まりました。観客からの激しいブーイングの中、結局フェラーリの2台が1-2フィニッシュとなり、ミハエル・シューマッハーが今季初勝利となりました。
 色々な見方があると思いますが、私が見るに、FIAは例外を認めず、ルールに忠実に従ってレースを進行させ、そしてミシュラン主導ではあったものの、最終的にはチームがリタイヤを選択した、と言うことになるのでしょう。ミシュラン側から、ノンチャンピオンシップのレースにして欲しいとか、コースにシケインを設置して欲しいとか、要望があったようですが、私にとっては瑕疵のあるタイヤを持ち込んで、それはないだろう、と言いたいところです。1タイヤメーカーの意見によって興行の根幹を揺るがされるような事があるとしたら、それは大問題だと思います。しかし、わざわざ金を払って、足を運んだ多くのファンにとっては、今回の件でとんだとばっちりを喰らいました。このようなレース(とも言えないものですが)を誰が見たいと言うのでしょうか。F1自体の総責任はFIAにあるのでしょうから、こうした事を2度と繰り返さないように、考えて欲しいと思います。

(画像は昨年のアルバートパークにて)
[PR]
by es-images | 2005-06-20 22:41 | F1 | Comments(0)
続々・鈴鹿サーキットからの手紙
c0045442_17351229.jpg巷ではUSGPが開幕しておりますが、本日鈴鹿サーキットから「鈴鹿レジェンド」パッケージの代替品の最終アナウンスが届きました。往復葉書になっていて、裏に台数など書くところがありますが、当時よりも多い台数もオーダー出来るようです。ただし、お一人5台まで。あの時はカッカしていて(笑)、必要以上に多い台数を書いてしましましたが、冷静になると1台でもいいのかと考え直しています。
[PR]
by es-images | 2005-06-18 17:39 | Other items | Comments(0)
F901iS購入
c0045442_23495631.jpg発売からちょっと経ちましたが、本日買い増ししました。富士通のF901iS、グラファイトブラックです。真っ黒なデザインが気に入りました。BARのコンセプトカーみたい!?
[PR]
by es-images | 2005-06-17 23:53 | Life | Comments(0)
お土産、頂きました(笑)。
c0045442_21551695.jpg先月、モナコGPを優雅に観戦されたYoshikoさんから、お土産を頂きました。フェラーリF40のモデルカーの組み立てキットです。うーむ、本物の車が欲しいぞ~(笑)。裏の説明に、怪しげな日本語が書かれているのですが、日本でも売っているのでしょうか?なんか、組み立てるのがもったいないので、しばらくこのままでコレクションとしておきましょう。本当に有り難うございます!
[PR]
by es-images | 2005-06-15 22:01 | Other items | Comments(2)
ライコネン、今季3勝目(第8戦カナダGP)
c0045442_2234252.jpg F1GP第8戦カナダグランプリ、K.ライコネン選手が前戦ヨーロッパGPの最終ラップでのアクシデントを吹き飛ばすような勝利を挙げました。レースは、ルノーの1-2で始まり、そのままゴールかと思われましたが、フィジケラ選手がトラブルで、アロンソ選手が自らのミスにより壁にヒットしてリタイヤとなりました。その後マクラーレンが代わってトップを走ったのですが、バトン選手のクラッシュによりセーフティカーが導入。その際にピット出口の赤信号無視でモントーヤ選手が黒旗提示されてレース除外となりました。ライコネン選手がトップを守り、そのままチェッカー、2位はミハエル選手、3位はバリチェロ選手で終了しました。
 我らが琢磨選手は、残念ながらレース序盤でトラブルでリタイヤ、・・・かと思われましたが、後半になって車を修理して再び登場。次のアメリカGP予選の順位を稼ぐために走りました。しかし、ブレーキが壊れてチェッカーは受けずに結局リタイヤとなりました。
 94年頃からF1GPを本格的に見るようになりましたが、黒旗提示はひょっとして今回が始めてかも知れません。レアな事でした。また、琢磨選手のBAR、ブレーキにはまだちょっと不安があるのかな、と感じました。次のアメリカGPはもう今週末ですが、対処できるか心配です。

(画像は昨年のハンガロリンクにて)
[PR]
by es-images | 2005-06-13 22:49 | F1 | Comments(8)