カテゴリ:F1( 228 )
ベッテルが母国GP初勝利(2013第9戦ドイツGP)
c0045442_2338138.jpg地元ドイツのファンで埋め尽くされたスタンド、大声援のなかレッドブルのS.ベッテルが母国GP初勝利を挙げました。2位にはロータスのK.ライコネン、3位には同じくR.グロージャンが入りました。レースはポールポジションだったAMGメルセデスのL.ハミルトンがスタートでレッドブルの2台にかわされて後退、終盤でロータス勢に激しく追い上げられましたが、見事に母国での初勝利をもぎとりました。
7年前に訪れたニュルブルクリンク、あの時と同じような晴天であり懐かしく見ることが出来ました。ベッテルにとってはなかなか勝てなかったドイツ、次のハンガリーも未勝利ですから、このままの勢いで勝ちに行けると良いですね。


IMAGE(c) motorsport.com
[PR]
by es-images | 2013-07-07 23:38 | F1 | Comments(0)
ロズベルグが大波乱のレースを制す(2013第8戦イギリスGP)
c0045442_23284930.jpgモータースポーツの聖地、シルバーストーン。天候にも恵まれて絶好の観戦日和のなか、5台のマシンがタイヤバーストに見舞われるという大波乱のレースを制したのは、メルセデスAMGのN.ロズベルグでした。レースはチームメイトのL.ハミルトンが好スタートを切りましたが、最初のタイヤバーストの餌食となり後退。その後はレッドブルのS.ベッテルがトップを快走していましたが、後半にマシントラブルでリタイヤ。2位につけていたロズベルグがトップに立ち、そのままチェッカーフラッグを受け、今期2勝目を飾りました。2位には今期でF1からの引退を表明したレッドブルのM.ウェバー、3位にはフェラーリのF.アロンソが入りました。
いったい何というレースだったでしょうか。次々とタイヤが破壊されて順位がめまぐるしく入れ変わりました。ピレリタイヤはシーズンに入ってから色々と言われ続けて来ましたが、これではドライバーの安全性にも疑問が持たれてしまうでしょう。次戦ドイツは来週ですが、このようなトラブルが出ないようにしてもらいたいものです。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-06-30 23:13 | F1 | Comments(0)
ベッテルが今期3勝目(2013第7戦カナダGP)
c0045442_23313050.jpgそれまでの天候不良から好天に恵まれたカナダGP決勝、ポールtoウィンの見事な勝利を挙げたのはレッドブルのS.ベッテルでした。スタートから一度も順位を落とすことなく完全な勝利でした。2位にはフェラーリのF.アロンソ、3位にはAMGメルセデスのL.ハミルトンが入りました。
時差が厳しいカナダGPは録画観戦しましたが、ベッテルがあまりにも順調でほとんど中継にも映りませんでした。スリリングなバトルもあまりなかったレースで、やや退屈な感じは否めませんでした。チャンピオンシップで一つ首が飛び出したベッテル、次戦シルバーストーン以降も強さを発揮できるのか注目したいところです。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-06-10 23:40 | F1 | Comments(0)
親子二代のモナコウィナー誕生(2013第6戦モナコGP)
c0045442_0334249.jpg紺碧の空と海- 快晴の天気に恵まれた伝統のモナコGP、見事なポールtoウィンで制したのは、メルセデスAMGのN.ロズベルグでした。F1史上初の父子二代にわたるモナコウィナーの誕生となりました。スタート後に2度のセーフティーカー、そして赤旗中断も含む波乱含みのレース展開でしたが、ロズベルグはピット作業を含めても終始トップを譲ることなくフィニッシュ。一方予選2位から発進のL.ハミルトンは最初のセーフティカーでレッドル勢にピット戦略で抜かれてしまい、順位を挽回することは出来ませんでした。2位にはS.ベッテル、3位にはM.ウェバーが入りました。
レース中盤には、やや冗長で退屈になるのかと思われた今年のモナコGPでしたが、SC2回と赤旗で波乱要素が加わり、面白いレースになりました。さてさて、次は北米カナダGP、メルセデスの好調が維持できるのか注目してみましょう。

IMAGE(c) motorsport.com
[PR]
by es-images | 2013-05-26 23:48 | F1 | Comments(0)
アロンソが地元で勝利(2013第5戦スペインGP)
c0045442_23372852.jpg好天に恵まれ絶好のF1観戦日和となったカタルーニャサーキット、これを見事に制したのはフェラーリのF.アロンソでした。予選で1-2位を占めたAMGメルセデス勢はレース開始後からずるずる後退し勝利からは遠ざかるなか、中盤以降はアロンソ、ロータスのK.ライコネンとフェラーリのF.マッサの争いとなりましたが、地元の大声援を受けたアロンソが危なげなく優勝チェッカーを受けました。
ヨーロッパラウンドに入って最初のレースとなったスペインGP。サーキットのお客さんも大盛り上がりでF1がいよいよ故郷に戻ってきた感じでした。このままフェラーリの進撃が続くのか、次戦モナコGPも期待して見たいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-05-12 23:08 | F1 | Comments(0)
ベッテルが今期2勝に(2013第4戦バーレーンGP)
c0045442_23191017.jpgフライアウェー序盤戦の締めくくりとなるバーレーンGP、砂塵舞うレースを危なげなく制したのはレッドブルのS.ベッテルでした。2位にはロータスのK.ライコネン、3位には同チームメイトのR.グロージャンが入りました。レースはポールポジションのAMGメルセデスのN.ロズベルグが序盤でかわされ、ずるずる後退。代わってベッテルがトップを維持。フェラーリのF.アロンソがDRSトラブルでトップ争いから脱落すると、ライコネンがじわじわ順位をあげ、グロージャンもこれに続いてチェッカーとなりました。
フェラーリはアロンソのDRSトラブルと、マッサはタイヤのバーストと良いこと無しのレースでしたね。それにしてもピレリタイヤは、F1では全く宣伝効果が無いようで、これでは2014年以降の契約が出来ないのも頷けます。さてさて、次は3週間後にいよいよヨーロッパラウンドに突入です。アロンソの地元、スペインGP、楽しみにしたいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-04-21 23:20 | F1 | Comments(0)
アロンソが今期初優勝(2013第3戦中国GP)
c0045442_18233214.jpg開催10回記念大会となった中国GP、スモッグに霞むレースを制したのは、フェラーリのF.アロンソで今期初勝利となりました。2位にロータスのK.ライコネン、3位にはAMGメルセデスのL.ハミルトンが入りました。レースはポールスタートのL.ハミルトンが序盤はトップを維持しましたが、タイヤが持たず後退。レース終盤にアロンソがラップリーダーとなり、そのままチェッカーを受けました。予選でタイヤ温存作戦に出たレッドブルのS.ベッテルは、終盤追い上げたものの表彰台に届かず4位に終わりました。
序盤は接触やクラッシュも多く、「これはカンフーF1」か(笑)と思った上海GPでしたが、ノーズを壊されたライコネンにも影響はほとんど無く、予選トップ3が表彰台を分かつ結果となりました。マレーシアから様々なストレスにさらされていたベッテルも最後のスティントで素晴らしい追い上げを見せ、次に期待が持てる内容でした。来週のバーレーン、楽しみです。

注:レース後審議があるので、順位が変動する可能性があります。
IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-04-14 18:26 | F1 | Comments(0)
レッドブル1-2フィニッシュ!(2013第2戦マレーシアGP)
c0045442_23944.jpg表彰台で笑みをこぼさない3人のドライバー達。こんなレースの結末は近年見られないものでした。様々な人間ドラマを垣間見たマレーシアGPを制したのは、レッドブルのS.ベッテルでした。2位にはチームメイトのM.ウェバー、3位にはメルセデスAMGのL.ハミルトンが入りました。レースはポールポジションだったベッテルがピットストップで後退し、変わってウェバーがレースの大半をリードする様相でしたが、終盤ペースの上がらない彼をベッテルが見事にパス。そのままチェッカーとなりました。3位に入ったハミルトンも、後半失速しましたが、チームオーダーにより4位に上がってきたロズベルグに抜かれることなくポジションをキープしました。
久しぶりに「人間くさいF1劇場」を見させてもらいました。マシンの速さだけが楽しみではない、もう一つのF1の醍醐味をこのレースで再認識させられた感じでした。優勝したのに険しい表情のベッテル、こういうのは嫌いではありませんね(笑)。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-03-24 23:25 | F1 | Comments(2)
ライコネンが開幕戦優勝(2013第1戦オーストラリアGP)
c0045442_17392832.jpg降雨により予選が2日に分断されてしまった波乱のオーストラリアGP、決勝レースも途中雨がぱらつくなか、ロータスのK.ライコネンが表彰台の頂点に立ちました。2位にはフェラーリのF.アロンソ、3位にはレッドブルのS.ベッテルが入りました。レースはポールポジションのベッテルが好スタートを切りましたが、スーパーソフトのタイヤが持たず序盤で後退、中盤以降はライコネンがラップリーダーとなり、チェッカーを受けました。
2013年シーズンのF1、フライアウェーのオーストラリアGPは、言ってみれば実戦テストみたいなものですが、もしかしてロータスは今年こそチャンピオンを狙えるマシンに成長したのかも知れません。次週マレーシアでも注目したいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-03-17 17:49 | F1 | Comments(0)
ベッテルが3年連続ワールドチャンピオンに!(2012第20戦ブラジルGP)
c0045442_22582229.jpg祝☆☆☆S.ベッテル、2012年ワールドチャンピオン、おめでとう!
最後までハラハラどきどきの素晴らしいレースでした。最年少の3年連続チャンピオンという記録も凄いですね。20戦という長丁場の今シーズンでしたが、最後まで目が離せないバトルを展開してくれたすべてのドライバーに感謝です。そして、2度目の引退レースとなったM.シューマッハー、最後にポイント獲得できて良かった。またF1に何らかの形で関わってもらいたいですね。そして小林可夢偉、来期はまだ不透明ですが是非とも自らの力でシートを獲得して、我々の目の前に現れて下さい。あぁ、来シーズンが待ち遠しい!

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2012-11-30 23:10 | F1 | Comments(0)