INGに公的資金注入・・・F1への影響は?
c0045442_227037.gifオランダ政府がINGグループに1兆3600億円の公的資金を注入するそうです。INGと言えば、ルノーチームのタイトルスポンサーですね。また多くのグランプリの冠スポンサーも努めています。税金を投入された企業が、果たして宣伝広告費とはいえ多額のスポンサーフィーを要求されるモータースポーツにこれ以上金を出すのか不安がよぎります。他にもウィリアムズのスポンサーであるRBSにも公的資金が既に投入されています。Santanderには、そういう噂はなく、むしろ弱った金融機関を買収しているそうです。マクラーレンは安泰?

金融機関のみではなく、ハンガリーは国自体が経済危機を迎えていて、通貨であるフォリントは円に対してかなり安くなってきていますね。フォリント買っておこうかと思う位ですが、国がおかしくなったらF1開催どころじゃないですね。

金融危機がF1社会に落とす影が心配です。
[PR]
by es-images | 2008-10-20 22:13 | F1 | Comments(0)
<< EURO安が急速に進行中 ハミルトンがチャンピオンに王手... >>