F1開幕戦を見て
今回はTV観戦でしたが、見ていて今年のルールはなんだかなぁ・・・と思う事が多かったです。昨日の雨の影響を受けた下位グリッド決定の面々(ミハエルや琢磨選手)は、今朝の2回目の予選でもエンジン・タイヤを温存するために1ラップもせずにインストレーション・チェックのみで終わってしまいました。ピット作業も、昨年までの緊張感あふれるタイヤ交換が無く、クルーはただただタイヤを眺めるだけ。BARの2台は、ルールの抜け穴を狙って?チェッカーも受けずにピットに駆け込んで終了しました。コスト削減のためのルール変更でありましたが、こんなレースを見せられて、ファンが面白いとでも思っているのでしょうか・・・。FIAはもうちょっと考えるべきではないかと思います・・・タイヤやエンジンのためのレースじゃないんだから!
[PR]
by es-images | 2005-03-06 21:09 | F1 | Comments(5)
Commented by ten at 2005-03-07 11:08 x
まったく同感です
レギュレーション自体、レースの面白さを半減させる様な方向に持って行く様なモノなのに、それが曖昧な部分が多い上に中途半端だからレースウィークに入ってから一部変更する様なドタバタまであるし・・・

BARの取ったやり方も、違反ではないにしろあまりにも姑息な手段で見ていて情けなくなりましたよ・・あの「姑息な手段」を平気で「戦略」とか自身のHPで書いてるBARホンダに対して幻滅です
でもこれからあの「戦略」とやらをやってくるチームは確実に増えてくるでしょうね

コスト削減と安全性を求めて、尚かつ観客に楽しんで貰えるためのルール変更・・・のはずが、全て逆の方向に向かっている事をFIAの人間も分かっていると思うんだけど、何故それを修正しようと言う動きが出てこないのか不思議です
それとも上層部の人間は、北○○の金なんたらとか言う独裁者の様に正しい報告を受けないから分かってないのかな?
Commented by es-images at 2005-03-07 21:06
いろんな掲示板をまわっていると、同じ考えを持った方がたくさんいる事に気がつきました。やはり今年のルール改正は?ですよねぇ・・・。

しかも、姑息な抜け穴を始めに使ったのが、他ならぬHONDAだった事が、これまた、何というか、情けないと言う感じです。次戦までには何らかの措置が講じられるのではないかと、ある意味期待してはいますが・・・。
Commented by Gadget_R at 2005-03-16 23:44 x
全く、同感ですっ。
レギュレーション変更の目的がわかりません。
2日に分けられた予選であるなら、どちらか良いタイムでグリッドが決まるなら納得がいきますが、合計になると、今回のように天候に恵まれなかった場合、上位に抜くに抜けない人達がいたりするわけで、「運」というものにかなり左右されてしまうというのが、今回の開幕戦で露呈したと思います。
ようやく優勝できた彼には拍手を送りたい気持ちでもあります。
観た直後の感想「F1と耐久レースって違うはずなんだけど?」に集約されています。
2レース1エンジンという規定は、コスト削減を狙ったものなのかもしれませんが。BARの”戦略”は正直言って、がっかりですね。
途中のピットインの時の映像にはなにかしら、淋しさが。
タイヤも1セットしか使えないっていう根拠もわかりません。
バーストを覚悟でぎりぎりまで温存しながら攻める矛盾をおわされたドライバーの気持ちとか、レギュレーションを作る人達は考えたんでしょうか。
F1は、世界最高峰の、テクノロジー、技術、スタッフが作り上げた鋼鉄の馬に最高のドライバーが全てをつぎ込んで、より早くという無限の目標に向かっての戦いであると信じたいです。
Commented by es-images at 2005-03-17 18:12
Gadget_Rさん、ようこそ。
私が思うに、変にルール変更しない方が、昨年からの大幅な開発が必要なくなるので、コスト削減になるんじゃないかと考えています。でも、何よりも見る側=ファンが楽しめると言う事を大切にして欲しいと思います。
Commented by Gadget_R at 2005-03-17 23:34 x
そうですよねっ!開発費を考えれば、変更しない方がいいですね。昨年の順番1回切りの予選方式で、予選終盤にタイムが塗り替えられる楽しみを奪われ、今年に至っては、予選の楽しみや、ピット作業の楽しみまで奪われたような。ファンの心は萎え萎えです。そして、地上波は今年も様変わりしていなかったです(涙)企業やなんかの都合が優先して、管理人様ご指摘のようにファンを楽しませることを忘れていますよね。プンプン。
99年くらいの、激アツイ興奮を切望しています。
<< オーストラリアGPの思い出 その6 オーストラリアGPの思い出 その5 >>