ラスト2周にドラマが!(第13戦ベルギー)
c0045442_2351325.jpgレース最後に降った雨が、明暗を分けました。スパフランコルシャンで行われたベルギーGP、勝ったのはハミルトンでした。ラスト2周までライコネンが僅かのリードを保ち、そのままチェッカーと思われましたが、突然降ってきた雨により足下をすくわれタイヤバリアの餌食となり無念のリタイヤとなりました。2位にマッサ、3位にはラストのタイヤ交換で好判断のハイドフェルドが入りました。残りのレース数を考えると、ライコネンはチャンピオンシップから脱落したと言っても良い状態になってしまいました。次はフェラーリのお膝元のモンツァです。良いところを見せて欲しいものです。

Es-IMAGES, 2008

9.8 追記 ・・・レース後の審議の結果、ハミルトンの優勝は取り消し(ゴールタイムに25秒加算のペナルティ)となり、マッサが優勝、ハイドフェルドが2位、ハミルトンが3位となりました。
[PR]
by es-images | 2008-09-07 23:15 | F1 | Comments(2)
Commented by haru at 2008-09-09 22:15 x
こんばんは。
ラスト2周にドラマがありましたね。本当に今季は退屈なレースが少ないです。
残念なのがライコネンで、得意のスパで勝って昨季のようなメイクミラクルを再現しようと思い、残り2周というところでスパウェザーが…
残りレース、意図的に作られたような?ハミルトンとマッサのチャンピオン争いを楽しみにしたいと思います。
また来ます。
Commented by es-images at 2008-09-10 23:16
haruさん
ハミルトンがペナルティとなって交代して浮かばれないのがライコネンですね・・・。何とかゴールすれば優勝だったレースです。次のイタリアでの奮起に期待です。
<< Mr.CRAFTが閉店 FUJI WEATHER >>