クビサ初優勝、BMW1-2フィニッシュ!(第7戦カナダ)
c0045442_23493374.jpg今シーズン唯一の北米ラウンドであるカナダGP、BMWのR.クビサが見事な初優勝を飾りました。2位には、チームメイトのN.ハイドフェルドが入り、1-2フィニッシュとなりました。序盤、ラップリーダーだったマクラーレンのL.ハミルトンは、ピット出口の信号待ちをしていたフェラーリのK.ライコネンに何と追突してリタイヤ、信じられない光景でした。中嶋も一時は表彰台も狙える位置に着いていましたが、追突が原因でピットロードでコントロールを失ってリタイヤとなりました。クビサは、チャンピオンシップもこの時点でトップに立ちました。次戦、再びヨーロッパに舞台を移しますが、勢力図がどうなるのか注目したいですね

Image (c) Motorsport-Total.com
[PR]
by es-images | 2008-06-10 00:03 | F1 | Comments(0)
<< TOYOTA F1の喪章 秋葉原 >>