ライコネン優勝、日本人振るわず(第2戦マレーシア)
c0045442_1836121.jpg開幕戦から2週連続で行われた2戦目のマレーシアGPは、フェラーリのK.ライコネンの優勝で幕を下ろしました。2位には、BMWのR.クビサ、3位にはマクラーレンのH.コバライネンが入り、開幕戦とは表彰台の顔ぶれが全く入れ替わりました。日本人ドライバーの佐藤琢磨、中嶋一貴は、残念ながら最後尾を争う不甲斐ない結果に終わりました。
今年もマクラーレンとフェラーリの争いにBMWが食い込むような展開になるのでしょうか?次戦以降も注目してゆきたいと思います。

Image (c) Motorsport-Total.com
[PR]
by es-images | 2008-03-23 18:45 | F1 | Comments(2)
Commented by ゆうすけサタンマリア at 2008-03-25 01:31 x
今回も混戦模様でした。
あちこちでバトルが見られて面白かったです。
まだまだTCS禁止の影響は大きいようです。
フェラーリの独走があったのは正直残念だが、アロンソなど腕を見せるドライバーがはっきりわかるのはよい事。
ライコネンはようやく気合が入ったか?
コバライネンはよくがんばった!!
ハイドフェルドは4番手くらいまで来るチャンスはあっただろう。
日本勢はトゥルーリのみ気をはいた。
スーパーアグリの2台完走は上々か?
ウィリアムズは初戦の勢いはそがれた。
あれ?楽しめたようで感想それくらいかな?
Commented by es-images at 2008-03-29 09:30
ゆうすけサタンマリアさん
毎度コメント有り難うございます。そうですね、TCS禁止の影響というか、効果が見ていて判るのでなかなか面白いシーズンだと思います。SAF1については、個人的には完走以上を目指して欲しいのですが、現状では難しいと言った所でしょうか・・・。バーレーンも楽しみにしております。
<< 今年のパーマネントパス・2008 BRIDGESTONE Pod... >>