遂に同ポイント対決に!(第16戦中国GP)
c0045442_21551099.jpgウェットコンディションのなかスタートが切られた中国GP、チェッカーを受けたのは予選6位のミハエル・シューマッハでした。レース開始後から徐々にコースは乾き始め、BSタイヤにとって有利な状態になりました。途中、トップを走っていたアロンソが何故か失速。その隙をついてミハエルがトップに立ち、そのままチェッカーを受けました。この結果、チャンピオンシップポイントでミハエルとアロンソが同点で並びましたが、優勝回数の多いミハエルが暫定で1位となりました。次の鈴鹿で、ミハエルが優勝、アロンソがノーポイントになりますと、ミハエルがチャンピオンとなります。さて、いよいよ今週に迫りました日本グランプリ、本当に最後の鈴鹿を楽しもうと思います。

Es-IMAGES, 2006
[PR]
by es-images | 2006-10-01 22:03 | F1 | Comments(5)
Commented by doudeshiyou at 2006-10-02 21:30 x
いよいよ鈴鹿、はたしてミハエルが決めるか、アロンソが巻き返すか、
見届けましょう☆
Commented by KIMUTAKA at 2006-10-03 16:10 x
そう言えば、この写真撮ってるEiichiさんの後ろに、おっかない
白髪の妖怪が・・・(爆)
Commented by es-images at 2006-10-03 22:38
doudeshiyouさん
そう!どういう結果になっても最後まで、いや後かたづけまで見届けたいと思います。

KIMUTAKAさん
おぉぉ、青いチームのボスでしたっけ?その方、この後にアロンソを労っていましたよ。
Commented by KIMUTAKA at 2006-10-04 17:49 x
>青いチームのボスでしたっけ?

そうです。よく無線モニタリングで「ブラ~ヴォ×3」などと
叫んでる人(笑)。

Eiichiさんが食べられちゃうかと思った(爆)。
Commented by es-images at 2006-10-04 23:20
KIMUTAKAさん

アハハハ、喰っても美味しくない・・・爆。
<< はじまる! 爆走!ミカ・ハッキネン >>