久々に出会ったスグレモノ
c0045442_22272249.jpgちょっと大げさかも知れないですが(笑)、一脚のことです。特に海外F1観戦の時に、ある理由からぶっとい立派な一脚は持ち込めないので、常に「小さくて、軽くて、丈夫な」一脚を探しておりました。これまでは、マイネッテのねじ込み式の比較的軽いスチール製の一脚を持ち歩いていましたが、今日ブラッと寄ったビックカメラに、実に機能的で私の目的にピッタリの一脚が見つかりました。VelbonのULTRA STICK 50LXです。縮小時で37cm、全高は1m55cmにもなり、重さがなんと295gしかないのです。しかも造りもしっかりとしていて、脚の出し入れも半回転させるだけでロックと開放が出来ます。おそらく、1Dと400mmF5.6の組み合わせでも大丈夫だと思います。知らない間に一脚も進化しているんですね・・・笑。

[PR]
by es-images | 2006-04-20 22:41 | Camera | Comments(2)
Commented by hunau at 2006-04-21 18:02
これよさそうですね。私も99年は、公共の交通機関でサーキットに出かけていたので、コンパクトな一脚がありがたくて、同じくベルボンの3000円くらいのすごくちゃちなのを使っていました。いまは、スリックの製品を使っていますが、これも長く使っていたので、レバー式のロックが甘くなってきて、上からぐっとおさえると縮んでしまうので、そろそろ買い替えを考えていたのですが、これは、カバンの隅に予備として入れて置けそうでいいかんじです。軽いのも嬉しい。
Commented by es-images at 2006-04-22 01:01
ユノさん

私のマイネッテも、ネジの締め込みが甘くなって、かなりしっかり締めないと上から押さえつけた時にズルズルと下がってしまいます。仕方なく同じマイネッテのを探していたのですが、何と、知らぬ間にマイネッテは倒産してしまっていたのでした・・・。それで、代わりをどうしようかと考えていた所にこれを見つけました。まだ実戦で使っていないので何ともいえないのですが、脚のロック方式には若干耐久性の点で不安がありそうかな、という印象です。ともあれ、使ってみて報告できればと思います。
<< NOKIA tune 2&4鈴鹿・Enjoy Hon... >>