こりゃ「買い」ですわ!
c0045442_23532031.jpg本日、キヤノンの新型一眼レフEOS30Dが発表されました。今使っている20Dの後継になる訳ですが、「スポット測光搭載」と言う一点だけで私にとって最大の「購入動機」となりました(笑)。サーキットにはいつも単体露出計を持たず、カメラのスポット測光(1DmkII)で路面や芝生、建物の白い部分を測定して露出を決めていました。20Dではそれが無くて、困るという程ではなかったのですが、マシンを撮影する時はちょっと露出に注意する必要がありました。いやはや、キヤノンの戦略にまんまと嵌っています(笑)。


(c) Canon Inc.
[PR]
by es-images | 2006-02-23 23:59 | Camera | Comments(2)
Commented by hunau at 2006-03-01 15:23
まんまんと・・・・ですか。
価格も安くなっているのも魅力ですね。
私は、最近たまにサーキットでマシンを撮るときにも5Dで撮影しています。MarkIIと取り替えて数枚はシャッターの感触の違いでタイミングがずれて戸惑いますが、これもすぐになれますね。

海外のF1で、でかいカメラ持って入れないときには、30Dなどの1.6倍相当の画角がありがたいですよね。
Commented by es-images at 2006-03-01 21:48
ユノさん

そうなんです、海外(特にパドッククラブ)では、プロ用カメラ持ち込み禁止なんて場合もあり、係員によっては入れてくれない事もあるようですので、モータードライブの付いていない形で、高機能な物があると助かります。仰るとおり望遠側でも有利ですね。広角側もEF-S10-22mmを既に持っているので問題ないのです(笑)。
<< 間違いだらけの雑誌 SAF1、昨日の報道を見て・・・ >>