左富士
c0045442_10273280.jpg
「左富士」って、ご存じですか?
 東海道新幹線に乗って東京から西に移動していると、進行方向右手側の車窓(座席で言うとDE、グリーン車はCD)から富士山が見えるのが知られていると思います。特に三島を過ぎて新富士迄の区間の眺めは天気が良いと最高ですね。ところで、右側に見える富士山は地理的に山の南側を走る新幹線からの眺めとしては当たり前と思っていたところ、何かの雑誌(たぶん新幹線の中にあったものだと思います)で、「左側の車窓から富士山が見えるところがある」と書かれていたのを知り、一度それを見てみたいとずっと思っていました。運良く今回その念願が叶いました。
見えるタイミングですが、静岡駅を通り過ぎて安倍川を渡り、左にカーブしていくところになりますが、注意しなくてはならないのは、当たり前ですが「後ろに見える」と言うところです。しかも見えている時間は数十秒程度です。さらに距離が遠いので、気象条件でもやがかかっていると見えないようです。
 今回は何とか写真にも収めることが出来ましたが、果たしてこれが「左富士」なのか、普通に右に見える富士なのか、写真的にはわからない感じになりました。また機会があったら撮影に挑戦してみたいと思いますが、どうやったら「新幹線の左の窓から見える富士」として分かるように写せるのか、工夫を凝らしてみたいと思います(笑)
[PR]
by es-images | 2016-01-11 11:03 | Travel | Comments(0)
<< Prime Minister ... 160,000km >>