安定のハミルトンが開幕戦制す(2015 Rd.1 Australia)
c0045442_18182622.jpg「パワーユニット2年目」となる今シーズンの開幕戦、見終わった感想は「面白みに欠けた」と言わざるを得ないでしょうか。レコノサンスラップからマクラーレン、レッドブルが早々にトラブルでリタイヤ、レースが始まっても追い抜きでハラハラさせられる場面はほとんど無く、リタイヤで順位が変動するというなんとも退屈な展開でした。昨年から続くメルセデスの速さに対抗できるチームもなく、トップ争いはバトルも無く終わった感じです。開幕前に話題となった「ホンダ」も完走するのがやっとの印象で今のところ良さが見いだせません。フライアウェーがしばらく続くので、このようなレースが続くのか、何か波乱があるのか、辛抱強く見てみたいと思います。
[PR]
by es-images | 2015-03-15 18:32 | F1 | Comments(0)
<< ベッテルがメルセデスを下して復... CP+2015 >>