波乱のレースをベッテル制す(2013第14戦韓国GP)
c0045442_18125177.jpg日本グランプリ前最後のレースとなる韓国GP、タイヤトラブルによるセーフティカー導入やチームメイトのマシンの火事(!)という大波乱を乗り越えて、レッドブルのS.ベッテルがポールtoウィンの見事な勝利を収めました。レースはスタートから終始ベッテルのペースで進行。最終版に最速ラップを刻む余裕を見せてのチェッカーフラッグでした。2位にはロータスのK.ライコネン、3位にはチームメイトのR.グロージャンが入りました。
さてさて、毎年見所多い韓国のレースでしたが、それはさておき次はいよいよ日本グランプリ、鈴鹿です。表彰台インタビューでベッテルも「世界最高のサーキット、ファンもクレイジー」と褒め称えてくれました。週末は天気がよくなることを祈りつつ、現地参戦したいと思います!

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2013-10-06 18:15 | F1 | Comments(0)
<< 2013 Suzuka Day 1 パドッククラブパスが来た2013! >>