ベッテルが母国GP初勝利(2013第9戦ドイツGP)
c0045442_2338138.jpg地元ドイツのファンで埋め尽くされたスタンド、大声援のなかレッドブルのS.ベッテルが母国GP初勝利を挙げました。2位にはロータスのK.ライコネン、3位には同じくR.グロージャンが入りました。レースはポールポジションだったAMGメルセデスのL.ハミルトンがスタートでレッドブルの2台にかわされて後退、終盤でロータス勢に激しく追い上げられましたが、見事に母国での初勝利をもぎとりました。
7年前に訪れたニュルブルクリンク、あの時と同じような晴天であり懐かしく見ることが出来ました。ベッテルにとってはなかなか勝てなかったドイツ、次のハンガリーも未勝利ですから、このままの勢いで勝ちに行けると良いですね。


IMAGE(c) motorsport.com
[PR]
by es-images | 2013-07-07 23:38 | F1 | Comments(0)
<< Flight to Europe. ロズベルグが大波乱のレースを制... >>