親子二代のモナコウィナー誕生(2013第6戦モナコGP)
c0045442_0334249.jpg紺碧の空と海- 快晴の天気に恵まれた伝統のモナコGP、見事なポールtoウィンで制したのは、メルセデスAMGのN.ロズベルグでした。F1史上初の父子二代にわたるモナコウィナーの誕生となりました。スタート後に2度のセーフティーカー、そして赤旗中断も含む波乱含みのレース展開でしたが、ロズベルグはピット作業を含めても終始トップを譲ることなくフィニッシュ。一方予選2位から発進のL.ハミルトンは最初のセーフティカーでレッドル勢にピット戦略で抜かれてしまい、順位を挽回することは出来ませんでした。2位にはS.ベッテル、3位にはM.ウェバーが入りました。
レース中盤には、やや冗長で退屈になるのかと思われた今年のモナコGPでしたが、SC2回と赤旗で波乱要素が加わり、面白いレースになりました。さてさて、次は北米カナダGP、メルセデスの好調が維持できるのか注目してみましょう。

IMAGE(c) motorsport.com
[PR]
by es-images | 2013-05-26 23:48 | F1 | Comments(0)
<< カメラマンエリアチケットが来た... アロンソが地元で勝利(2013... >>