アロンソが4勝目!
c0045442_23215815.jpg F1グランプリ第7戦・ヨーロッパGPは、ルノーのアロンソ選手が勝利して、今季4勝目をマークしました。最後のラップまでライコネン選手がトップでしたが、ブレーキングによりタイヤに出来たフラットスポットによる振動が徐々に車を痛めつけ、とうとう最後の周にサスペンションが壊れてリタイヤ。今回のレースも最後まで目の離せない展開でした。今回から選手権に復帰したBARは、ポイント圏外でレースを終えましたが、5週間寝かせたエンジンでは致し方ないでしょうか。次回に期待です。
 さて、今シーズンはタイヤ交換は原則として出来ないルールになった訳ですが、今回のレースを見ると、1回の交換は可能にしてはどうかと思いました。ライコネン選手もリタイヤ時はかなり危険な様子でしたし、他にもマッサ選手もタイヤが壊れて部品をたたき、ピットインを余儀なくさせられていました。車が壊れるシーンは、見ていてあまり良い気持ちがするものでもありませんし、何よりもタイヤ交換時の、あの緊張感をまた見てみたいなぁ、と思っています。

(画像は昨年のハンガロリンクにて)
[PR]
by es-images | 2005-05-29 23:34 | F1 | Comments(6)
Commented by kopin at 2005-05-29 23:51 x
TBどうも~
アロンソ4連勝ですね!
フラットスポットとは・・・痛いな・・・
Commented by pixy_japan at 2005-05-30 02:01 x
「気ままなNotes...」のpixy_japanです。
誤って別の関係ない記事(サッカー)もTBしてしまいました。
申し訳ありません。できることなら削除しちゃってください。

 で、やっぱりタイヤ交換基本的にナシというのは"危険"です。
 ライコネンのシーンが、富士の1コーナーとかだったらヤバイです。次はカナダだし。
 予選方式も変えたんだから、今度は安全面を考えて、改善してほしいです。
Commented by gadget_r at 2005-05-30 02:24
こんにちは。
タイヤ交換1回はOKにする案は私も思ってました。
ドライバーの安全の為にも必要かと。
Commented by donguri908 at 2005-05-30 12:58
フラットスポットがあそこまで影響を及ぼすとは思ってませんでした。
アロンソの追い上げがあったので無理してペースを保ったんでしょうけど…。
タイヤ規制に関しては、1本の走行距離が今より短くなるように変更したほうがいいのではないかと思うのですが…。
Commented by es-images at 2005-05-30 21:06
皆様、コメント有り難うございます。

たかがフラットスポット、侮りがたし、でした。マクラーレンもギリギリの判断をした結果ではないかと思います。あの状況では、ピットインして順位を落としてでも確実にポイントを得るか、リスクを負っても優勝を取るかの2者択一だった訳ですね・・・。それでチームは後者に賭け、そして結果的にはあのようなトラブルになってしまった訳でした。本当に消耗したタイヤだからあのようなトラブルになったかは、議論の残るところですね・・・。

>pixy_japanさん
削除しましたよ~。
Commented by hugoyaji at 2005-05-30 23:08
確かにタイヤ交換を1度くらい認めたほうがいい気がしますね。あのクラッシュの仕方では、肝心の安全性も確保できません。
コスト削減効果もないようなので、ぜひ復活してもらいたいものです。
<< NEW FOMA F901iS 本家HPも表紙を更新! >>