可夢偉よ、何処へ。
c0045442_15193385.jpg来期に向けてN.ヒュルケンベルグの起用を決めていたザウバーF1チームは、もう一人のドライバーにメキシコ人のE.グティエレスを登用すると発表しました。この結果、小林可夢偉の来期ザウバーでのシートは失うことになりました。伝えられているところによれば、まだF1でのシートを失った訳では無いようですが、果たして来期「勝てるチーム」に残ることは出来るのでしょうか。
とうとう来るべき発表が来たという感じです。ザウバーに在籍した3年間、日本グランプリでは3位表彰台を母国のファンに見せ、締めくくりとしては最高のシーズンになったと思います。ところで、来期に向けては勝てるチームでのシート獲得のためにファンに募金をお願いするという話が急遽(実際は少し前から準備はされていたようですが、我々の前には唐突に出てきた感じです)浮上してきました。なかなか日本からのスポンサー支援が得られず、苦しい台所事情であると察しますが、私はこのやり方に違和感を覚えずにはいられませんでした。仮にも「世界最高峰の自動車レース」の舞台で活躍するドライバーです。ファンにすがってシートを探すようなこの活動に、どうしても納得がいかないのです。F1ドライバーが寄付や募金を求めるのは、災害や病気で困った弱者のための慈善行為として行うものとしか考えられず、自分のためにそれを求めるということに全く合点がゆきませんでした。悔しいですが、もしシートが無ければ一旦下野することもやむを得ないのではないでしょうか。なぜならそれがF1の世界だと思うからです。私は募金はしないつもりです。募金をしてしまえば、自分の中で彼を世界最高峰の舞台で活躍するF1ドライバーとして認められなくなるからです。なんとか自らの力でF1残留を願う次第です。

Images(c) Es-IMAGES,2012
[PR]
by es-images | 2012-11-24 15:18 | F1 | Comments(2)
Commented by Clear at 2012-11-25 09:54 x
私も同じ違和感を感じたので募金には応じないことにしてます。
ただし、どこかの企業が可夢偉が優勝するまで、チャンピオンを獲るまで支援する、と言っていただけたなら可能な限り応じる構えです。
Commented by es-images at 2012-11-25 16:09
そう、実力で来期F1に残っていれば、当然応援はするつもりです。スポンサーが呼応して来ることを期待はしています。
<< ベッテルが3年連続ワールドチャ... チャンピオンは最終戦へ(201... >>