チャンピオンは最終戦へ(2012第19戦アメリカGP)
c0045442_23592652.jpg久々開催のアメリカGP、大盛況のなか優勝したのはマクラーレンのL.ハミルトンでした。チャンピオンシップリーダーでレッドブルのS.ベッテルは2位、フェラーリのF.アロンソが3位に入ったため、ここでワールドチャンピオンが決まることはなくなり、次の最終戦となるブラジルGPに持ち越されました。レースはポールポジションだったベッテルが順調にリードしていましたが、終盤ペースが上がってきたハミルトンにオーバーテイクされてしまいそのままチェッカーとなりました。
時差の関係で録画観戦でしたが、何というか、見所の少ない、眠たいレースだったような気がします。ほとんどバトルが無く、サーキットは面白いレイアウトなのに残念な印象を持ちました。さて、いよいよ今シーズン最後となるブラジルGP、またしても時差の都合で録画観戦になりそうですが、ベッテルが逃げ切れるか、はたまたアロンソが大逆転できるか、楽しみにしたいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2012-11-21 00:12 | F1 | Comments(0)
<< 可夢偉よ、何処へ。 F-01E >>