ライコネンF1復帰初優勝(2012第18戦アブダビGP)
c0045442_010117.jpg2度のセーフティカーが入る荒れたレース、これを制したのはロータスのK.ライコネンで、F1復帰後初優勝となりました。レースは、ポールポジションだったマクラーレンのL.ハミルトンがマシントラブルで早々にリタイヤ、その後トップに立ったライコネンが最後にフェラーリのF.アロンソの猛追をかわして久々に表彰台の頂点に立ちました。3位には、ペナルティでピットスタートとなったレッドブルのS.ベッテルが入り、ダメージを最小限に抑えました。
美しいトワイライトレースだったアブダビでしたが、クラッシュが多くかなり荒れたレースでしたね。チャンピオンシップはベッテルがかろうじてトップを維持。次はF1初開催のオースチン、どのようなレースになるのか楽しみです。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2012-11-05 00:08 | F1 | Comments(2)
Commented by そのみ at 2012-11-08 21:46 x
荒れ荒れのレースでしたねぇ。
キミの優勝、2位で頑張ったアロンソ、最後尾に2回も落ちたのに表彰台にのぼったセブ、最後までバトルをしたジェンソン。
褒められたのは、ここまでかなぁ。。。
あ、可夢偉も頑張りましたね♪
Commented by Clear at 2012-11-10 20:09 x
ここまで混戦が続くとかえって興味が薄くなってしまいそうなのが心配ですがライコネンの復帰1勝目はいいニュースですね。チームともうまくいっているようで、1期目とは偉い違いです。
<< F-01E ベッテル4連勝!(2012第1... >>