ハミルトンが盤石の勝利(2012第13戦イタリアGP)
c0045442_2322692.jpg今シーズンのヨーロッパラウンド最終戦となるイタリアGP、ポールtoウィンの盤石な勝利でこれを制したのはマクラーレンのL.ハミルトンでした。スタートから安定した走りを見せたハミルトン、一方のチームメイト、J.バトンはマシントラブルでリタイヤとなるなか、タイヤ交換時以外は一度も先頭を譲る事無くチェッカーを受けました。2位には今年表彰台3度目となるザウバーのS.ペレスが、3位には地元の声援を受けたフェラーリのF.アロンソが入りました。チャンピオンシップを考えると、アロンソが一つ頭抜け出した感じになりました。
予選でトラブルだったアロンソ、表彰台のもっと上を狙えるかと思ったんですが、予想外にペレスの調子が良かったですね。一方の可夢偉はポイント圏内に入るのがやっと、しかもウェバーのリタイヤに助けられての形でした。さてさて、次戦シンガポール、その次はいよいよ鈴鹿となります。チャンピオンシップの行方に注目ですね!

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2012-09-09 22:56 | F1 | Comments(2)
Commented by Clear at 2012-09-23 14:15 x
シーズン開幕前に、<ことしはアロンソが独走します!>、と予想出来た人は超能力者だと思います、マジで。
それほどに現状はとんでもなく面白いですね。
Commented by es-images at 2012-09-24 19:26
Clearさん
ええ、以前ならチャンピオンが決まって鈴鹿に来ることもありましたが、ここ数年はそういうこともなく、最後まで見逃せないシーズンになっていて楽しめますね!
<< ベッテル久々の優勝(2012第... ガッカリだったスパのレース(2... >>