アロンソが3勝目(2012第10戦ドイツGP)
c0045442_23535480.jpg昨日の雨がらみの予選から一転して好天に恵まれたホッケンハイムリング。これをポールtoウィンで制したのは、フェラーリのF.アロンソでした。今シーズン3勝目となり、チャンピオンシップでも一歩抜き出た形となりました。2位にはレッドブルマクラーレンのS.ベッテルJ.バトンが、3位にはマクラーレンロータスのJ.バトンK.ライコネンが入りました。ザウバーの小林可夢偉は自身最高位タイとなる54位入賞となり、これまでの不調を払拭する走りを見せました。
アロンソは手堅い走りを見せましたが、このままチャンピオンシップをリードし続けるのか、レッドブルやマクラーレンが食らいつくのか、次のハンガロリンクでも注目してみたいところです。そして小林可夢偉、終盤のファステストラップ連発はお見事でした。次も期待していますよ!

IMAGE(c) GPUPDATE.NET

注 レース後S.ベッテルのペナルティにより順位に変更がありました。
[PR]
by es-images | 2012-07-22 22:58 | F1 | Comments(0)
<< ブダペストなう - Day 1 - 2人目の2勝目ドライバー誕生... >>