ロズベルグ初戴冠!(2012第3戦中国GP)
c0045442_18392318.jpgシルバーアローが遂に輝いた!上海国際サーキットで開催された中国GP、見事なポールtoウィンで制したのは、メルセデスAMGのN.ロズベルグでした。レースは序盤からロズベルグがリードを築き、タイヤマージメントに苦しむ後続を引き離しそのままチェッカーを受けました。2位にはマクラーレンのJ.バトン、3位にチームメイトのL.ハミルトンが入り、メルセデスエンジンが表彰台を独占しました。3位からスタートした小林可夢偉は順位を下げて10位入賞でレースを終えました。
初優勝のロズベルグにはおめでとう、と言いたいですね。それにしても可夢偉は期待が大きすぎたせいか、本当に残念な結果でした。もっとガッカリだったのは、2位スタートのミハエルでした。トラブルがなければ表彰台も狙えたはずです。上り調子のメルセデスAMG、次戦以降にも期待しています。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2012-04-15 18:35 | F1 | Comments(0)
<< お勧めモバイルバッテリー GALAXY nexus >>