ベテランバトンが開幕戦を制す(2012第1戦オーストラリアGP)
c0045442_7353290.jpg2012年の開幕戦、オーストラリアGPがメルボルンのアルバートパークで開幕。初戦を制したのはマクラーレンのベテランドライバー、J.バトンでした。予選は2位だったバトン、スタートでポールポジションのチームメイト、L.ハミルトンをかわしトップに躍り出た後は、無難にレースを運びチェッカーを受けました。2位には昨年のチャンピオンでレッドブルのS.ベッテル、3位にはL.ハミルトンが入りました。レースは最終ラップで上位陣が崩れ、ザウバーの小林可夢偉が6位に入る見事な滑り出しとなりました。
開幕戦恒例のアルバートパークでのレース、自分も6回観戦に行った現地の映像を今年も懐かしく見ていました。予選で3位に入った新人のR.グロージャンほか、未だ耳慣れない名前のドライバー達の活躍や、帰ってきたK.ライコネンがどう振る舞うのか見てゆきたいと思います。ライコネンの無線での会話は声が大きくてちょっとビックリでしたね(笑)

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2012-03-20 07:57 | F1 | Comments(0)
<< アロンソが混乱のレースを制す(... Malev大丈夫か? >>