ベッテル優勝でもタイトルはお預け(第14戦シンガポール)
c0045442_02198.jpgF1唯一のナイトレースとなるシンガポール、ポールtoウィンの見事な勝利をおさめたのはレッドブルのS.ベッテルでした。レース序盤から快調に先頭を走り、終盤にマクラーレンのJ.バトンに詰められながらもチェッカーを受けました。2位にはJ.バトン、3位にはM.ウェバーが入りました。得点差の関係で、ベッテルのワールドチャンピオンは次戦の鈴鹿以降に持ち越されました。
美しい光の中でのレース、チェッカー後に花火も打ち上がり、雰囲気が最高潮に達しましたが、いよいよ次は日本グランプリ、鈴鹿です。現地でワールドチャンピオン決定の瞬間を久しぶりに見ることが出来るように祈りたいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2011-09-26 00:03 | F1 | Comments(2)
Commented by kan at 2011-09-26 00:11 x
一緒にベッテルワールドチャンピオンの瞬間を見届けたいですね。
Commented by es-images at 2011-09-26 22:46
kanさん
是非ともそうしたいですね!
<< パドッククラブパスが来た! パスが届きます! >>