アロンソが今期初優勝(第9戦イギリス)
c0045442_23321837.jpg雨上がりのブリティッシュウェザーのもと、イギリスGPの火蓋が切られ、フェラーリのF.アロンソが予選3位からの逆転でチェッカーを受け、今シーズン初優勝を遂げました。レースはレッドブルのS.ベッテルがスタートでポールポジションだったM.ウェバーをかわし、トップを快走していましたが、ピットでのタイヤ交換でミスが発生してアロンソに先を越されてしまいました。最終盤でベッテルのタイヤも限界にきていましたが、チームオーダー発令で2位を守りました。ザウバーの小林可夢偉は残念ながらトラブルでリタイヤを喫しました。
久々のフェラーリ・アロンソの勝利を見ることが出来ましたが、地元マクラーレン勢はタイヤ交換トラブル、燃料切れの恐れから失速と、良いとこ無しで残念でした。そんな状況でもベッテルが2位をキープしたのは執念だと思いました。次は彼の地元ドイツ、勝ってしまうのでしょうか・・・。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2011-07-10 23:29 | F1 | Comments(2)
Commented by clear at 2011-07-12 07:53 x
凄いレースでしたね。シーズン中のレギュレーション変更で水を差した格好になってるのが残念ですが、ベッテルもアロンソもチャンピオンの取り方を知っているだけに熱い戦いが期待できます!
Commented by es-images at 2011-07-18 09:24
とりあえずベッテル優勝が続いて早々にチャンピオンが決まってしまわないように他が頑張って貰いたいですね!
<< なでしこJAPAN戴冠! - ... ベッテルが余裕のポールtoウィ... >>