ベッテルが追撃を抑え4勝目(第5戦スペイン)
c0045442_23452914.jpg好天に恵まれたスペインGP、僅差のバトルを制して優勝したのはレッドブルのS.ベッテルで、これまで5戦4勝という驚異の勝率となりました。ポールポジションだったチームメイトのM.ウェバーはオープニングラップでフェラーリのF.アロンソにかわされてトップから落ち、最終的に表彰台には後一歩で手が届きませんでした。マクラーレンのL.ハミルトンは最後までベッテルとトップ争いを演じ2位に、3位にはチームメイトのJ.バトンが入りました。ザウバーの小林可夢偉は10位入賞で、こちらも4連続入賞となりました。
地元ドライバーに熱い声援を送るスペインのファンが見守るなか、F1もいよいよ本格的にヨーロッパに帰ってきたという雰囲気で、見る方のテンションも上がってきました。いよいよ来週はモナコGP、ドライバーの真の腕が試されるストリートサーキットで、果たしてベッテルに勝ち目はあるのか、楽しみに待ちたいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2011-05-22 23:13 | F1 | Comments(2)
Commented by haru at 2011-05-24 08:01 x
おはようございます。トラックバックありがとうごさいました。おっしゃるように、F1もいよいよヨーロッパに入ってきたなという感じです。ベッテルが独走ですが、マクラーレンも速くなってきました。モナコがどうなるか楽しみです。
また来ます。
Commented by es-images at 2011-05-24 21:39
haruさん
そう、マクラーレンが優勝争いに絡んでこないと、レッドブル独走になってしまうので、是非がんばって欲しいものです!
<< ベッテル連勝でモナコを制す(第... 2011 DVAG CAP -... >>