ベッテルが余裕の2連勝(第2戦マレーシア)
c0045442_1931577.jpg高温多湿で体力勝負のマレーシアGP、これを制したのは予選ポールポジションを獲得したレッドブルのS.ベッテルでした。開幕戦のオーストラリアの勝利に続く見事な2連勝でした。レース直前、黒雲があたりにたちこめてセパン特有のスコールも危惧されましたが、無事にスタート。ベッテルはピットストップ時を除いて、終始トップを快走してチェッカーを受けました。2位にはマクラーレンのJ.バトン、3位にはルノーのN.ハイドフェルドが入りました。ザウバーの小林可夢偉は粘りの走りで8位入賞となりました。
いちF1ファンとしては、雨が降ったらどうなるかと淡い期待を寄せましたが、レース中にパラッと来ただけでちょっと残念でした。ベッテルの安定感もなかなかでしたが、意外にもルノーが活躍しているので、次の中国も楽しみです。可夢偉、今度はちゃんとポイント確定して下さいね!

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2011-04-10 19:30 | F1 | Comments(2)
Commented by haru at 2011-04-14 06:59 x
おはようございます。トラックバックありがとうごさいました。
カムイは、ハミルトンがペナルティーを受けて一つ順位を上げて7位でポイントを確定しました。
それにしても最後までバトルのあった見てて飽きないレースだったです。週末の中国GPも楽しみです。また来ます。
Commented by es-images at 2011-04-17 09:25
haruさん
運にも左右されたポイントゲットでしたが、中国でも上手く獲得できればと思います。
<< ハミルトン今期初優勝(第3戦中国) ミハエルシューマッハーの限定ミニカー >>