フェラーリが凱旋勝利!(第14戦イタリア)
c0045442_23205852.jpgヨーロッパラウンド今年最後となるイタリアGP、大勢のティフォシの前で堂々の勝利を収めたのは、フェラーリのF.アロンソでした。ポールポジションからのスタートでしたが、直後にマクラーレンのJ.バトンにかわされてしまい、ピットインで再びトップに立つまでほぼ1秒程を保って争っていました。タイヤ交換後はバトンの追い上げむなしくそのままチェッカーとなり、予選の1-2-3がそのまま表彰台となりました。
表彰式で眼下に群がるティフォシ達。やはりイタリアではこうでなくてなりません。フェラーリが勝ってのイタリアGPなのです。96年に初めて海外観戦した彼の地ですが、また行きたくなってしまいました。ただ、高速サーキットなのでレース時間が短いのが玉に瑕ですね。

IMAGE(c) xpb.cc
[PR]
by es-images | 2010-09-12 23:13 | F1 | Comments(2)
Commented by haru at 2010-09-15 18:24 x
トラックバックありがとうございます。
マクラーレンファンとしてはバトンに期待していたのですが、フェラーリは速かったです。おかげでチャンピオン争いは大混戦。今後のレースが楽しみです。
Commented by es-images at 2010-09-15 22:54
haruさん
そう!チャンピオン争いは混戦になった方が面白いですからこれからもいろんなドライバーが表彰台に立つと良いと思います。
<< Bridgestoneの浜島さ... ハンガロリンクの風景(25) >>