ウェバーが今期3勝目(第10戦イギリス)
c0045442_23284510.jpg昨年よりコース改修がなされた新生シルバーストーンを制したのは、レッドブルのM.ウェバーでした。スペイン、モナコに続いて今期3勝目となりました。レースはポールポジションのS.ベッテルがスタート後にタイヤがパンクするというアクシデントで後退、ウェバーに続いて地元マクラーレンのL.ハミルトンとメルセデスのN.ロズベルグが追いかけるという展開を最後まで続けてチェッカーとなりました。ザウバーの小林可夢偉は見事なレース運びを見せて、ヨーロッパGPに続いて6位入賞を果たしました。
ベッテルが序盤で優勝争いから脱落したのにはガッカリでしたが、可夢偉の6位入賞は誠にお見事でした。ザウバーのマシンもなかなかやりますね。次のドイツGPも期待しています!

IMAGE(c) xpb.cc
[PR]
by es-images | 2010-07-11 23:23 | F1 | Comments(0)
<< アロンソが今期2勝目(第11戦... サムライブルー・日本ありがとう! >>