ウェバーがモナコ制す(第6戦モナコ)
c0045442_2347999.jpg好天に恵まれた伝統のモナコGPを制したのは、レッドブルのM.ウェバーでした。彼自身としてはモナコGP初優勝で、スペインGPと併せて2連勝を飾りました。2位にはチームメイトのS.ベッテルが、3位にはルノーのR.クビサが入りました。小林可夢偉は序盤でマシントラブルでリタイヤ、M.シューマッハーはゴール手前でF.アロンソをかわして6位入賞となりました(ただし現在審議中)。
「コースのそこら中壁だらけ」と言っても過言でない公道サーキットのモナコ。今年は天候による波乱はなかったものの、クラッシュが多く、セーフティーカーが4回も動員されました。それにしても、ウェバーは急に「覚醒」したかのような走りでチャンピオンシップポイントもトップになりました。同じレッドブルのベッテルも同点一位。これからはチームメイト同士の戦いになりそうで、次戦以降もまた楽しみです。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2010-05-17 00:00 | F1 | Comments(0)
<< 2010 DVAG CAP #2 2010 DVAG CAP #1 >>