バトンが波乱の中国制す(第4戦中国)
c0045442_184619.jpg昨年に続いて雨のレースとなった上海GPを制したのは、マクラーレンのJ.バトンで、今期通算2勝目を挙げました。同僚L.ハミルトンも2位に入り、久々のマクラーレン1-2フィニッシュとなりました。3位にはメルセデスのN.ロズベルグが入りました。ザウバーの小林可夢偉はスタートでコースアウトしたマシンの巻き添えでリタイヤとなり、4戦連続のリタイヤとなりました。メルセデスのM.シューマッハは完走したものの10位に終わりました。
今年のレースは天候変化、つまりウェットになると順位がめまぐるしく変動して見ていると面白さが増すようです。今回も可夢偉は全く運がなく、ヨーロッパラウンドからの巻き返しを期待したいところです。また、ミハエルも今回は良いところ無しでした。こちらも次戦の活躍に期待したいところです。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2010-04-18 19:19 | F1 | Comments(0)
<< '10 F1日本グラン... Xperia >>