ベッテルに春到来、レッドブル1-2!(第3戦マレーシア)
c0045442_21432798.jpg開幕戦、第2戦と予選では最速のポールポジションを取りながら、レースでは不運に見舞われ勝てなかったレッドブルのS.ベッテルが、遂に今季初優勝を果たしました。予選では3番手につけていたベッテル、スタートで前をゆくロズベルグとウェバーをかわしてトップに立ち、そのままチェッカーを受けました。これまで不運のトラブルで苦汁をなめていたベッテルにもやっと春が訪れました。ザウバーの小林可夢偉は、レース序盤でマシントラブルで3戦連続のリタイヤ、M.シューマッハも早々にリアセクションのトラブルでリタイヤとなりました。
降雨によりトップチームが下位に沈むという予想外のグリッド順となった予選。決勝も嵐が予報されるなか、比較的好天に恵まれたレースでした。可夢偉もミハエルも早々にリタイヤしてしまったので、ファンとしてはテンションが下がりましたが、ベッテルの喜びあふれる姿に元気をもらった感じです。好調レッドブル、次戦以降もツキが回って来るでしょうか?

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2010-04-04 22:00 | F1 | Comments(0)
<< 東工大の桜並木 Henri Lloid キャッ... >>