アロンソ優勝、フェラーリ1-2(第1戦バーレーン)
c0045442_00689.jpg2010年F1シリーズ第1戦バーレーンGP、初戦を見事に飾ったのはフェラーリのF.アロンソでした。チームメイトのF.マッサも昨年の大怪我での欠場をものともせずに2位に入り、久々のフェラーリ1-2フィニッシュとなりました。レースは終盤までレッドブルのS.ベッテルが良いペースでレースを引っ張っていましたが、エキゾーストパイプが破損するトラブルで4位まで後退してしまいました。4年ぶりにレースに復帰したメルセデスGPのM.シューマッハは6位、小林可夢偉は序盤で残念なリタイヤとなりました。
久々の無給油レースで面白くなるのではと期待していましたが、ベッテルのトラブルで順位が代わった他は、やや単調なレースだったように感じました。公式ライブタイミングも不調で、次戦以降の改善を望みたいところです。新興チームには実戦テストのような様相で、しばらく上位陣は固定になるのかと思われます。次のオーストラリアも見守りたいと思います。

IMAGE(c) GPUPDATE.NET
[PR]
by es-images | 2010-03-15 00:14 | F1 | Comments(0)
<< バトンが波乱のGP制す(第2戦... MONSTER ENERGY >>