2000 VIP Pass Collection No.17 - Malaysia -
c0045442_2384660.jpg
第17戦マレーシア。遂にラスト、まさにラスボスのご登場。"formula 1"、マッドサイエンティストが何やら研究を重ねているようです。金を生み出す方程式が誕生したのでしょうか?よくもこのようなデザインが許されたものだと関心しております。後にも先にもボスが登場するのはこれっきりではないでしょうか・・・笑。

さて、私のお気に入り2000年のVIPパスのデザインを紹介してきました。最近のパスはデザインが画一的で面白みに欠けていると感じていますが、この頃はパスもそうですがF1選手権もハッキネンとミハエルのガチンコ勝負があったり、見所が多かったように思います。2000年は日本人ドライバーがいませんでしたが十分に楽しめたシーズンでした。さて、ひょっとすると来年は日本人ドライバーもいないかも知れませんが、果たして2000年のように楽しませてくれるシーズンになるか、ちょっと懐疑的になっています。自動車メーカーの相次ぐ撤退、一方でプライベートチームの新規参入。何とか参戦チーム数では体裁を保っているようですが、やはりワークスと言える自動車メーカーの競い合いを見たいものですし、それを打ち負かすプライベーターの存在こそが醍醐味であったりします。"formula 1"、この言葉の重さを最近ひしひしと感じるようになりました。銭勘定だけでなく、フォーミュラ1たる一流の競い合いをファンに見せてくれるようにこの大ボスに願いたいものです。
[PR]
by es-images | 2009-11-18 23:27 | Goodies Other | Comments(2)
Commented by Clear at 2009-11-21 13:00 x
たびたびお邪魔しています、Cleaです。
普段見ることのないパスを見せていただけて、とても楽しかったです。
確かに2000年頃はとてもエキサイティングでした。レースが面白いと制作する方にも気合いが入るんでしょうか。
87年以降の状況を振り返ると日本から複数の参加が始まるとつまんなくなっていく様に感じられて、これってなんなんだろう?、と考えちゃいます。
そういえば、もう一つの"1・4代目"は来月末ですね。どうなっているのか今から楽しみです。
Commented by es-images at 2009-11-21 23:26
いえいえ、ご来訪ありがとうございます!
来期の日本からの参加、あると良いと思いますが、状況は厳しそうです。まだまだ話題に尽きることは無さそうですが・・・
<< Auberge Blanche 2000 VIP Pass C... >>