オーストラリアGPの思い出 その6
c0045442_20504848.jpg遠目に写っているのは、メルボルンのタクシーですが、ここではタクシーはみんな黄色です。あれは3年前の事でした。観戦後に疲れ果ててしまって、サーキットからホテルまでタクシーを利用した際に驚いた事がありました。それまで英語を話していたタクシーの運ちゃんが、いきなり途中から日本語をしゃべりだしたのです。外国でタクシーに乗って、日本語で話しかけられるのは初めての経験でしたので、ちょっとビックリ。記憶では、その方は日本で何年かビジネスをされていたそうです。私が日本人だとわかったのは、日本語チックで下手な英語のイントネーションと、行き先のホテルが、アジア系人の利用が多いホテルだったからだそうです。しばし、日本の話題を楽しみましたが、私は下手ながら海外では頭の中が英語モードになっているので、相手は日本語で話しかけても、こちらは反射的にちゃんぽんな英語で答えてしまうという、なんともおかしな風景でした。
[PR]
by es-images | 2005-03-07 21:03 | Travel | Comments(0)
<< オーストラリアGPの思い出 その7 F1開幕戦を見て >>