ハミルトンがチャンピオン獲得(第18戦ブラジル)
c0045442_1202516.jpg シリーズの終了は最終戦のチェッカーフラッグが振られてもまだ判らない・・・。そんなブラジルGPでした。2008年シーズンのF1ワールドチャンピオンはマクラーレンのハミルトンが辛くも獲得し、最年少チャンピオンの称号も得ました。レースは最終盤に降り出した雨に翻弄されて、チェッカーが振られた瞬間はフェラーリのマッサが逆転チャンピオンかと思わせる展開でしたが、ゴール手前でハミルトンがトヨタのグロックをパスしたため、この瞬間ハミルトンの得点がマッサを1点上回り、チャンピオンをもぎ取ったのでした。マッサがチェッカーを受けてから、僅か10秒程の間に起こった出来事でした。

c0045442_12101154.jpg それにしても、ポディウムに上がったマッサはレースに勝ったものの、本当に残念でした。ともすれば最終戦で、しかも地元ブラジルでワールドチャンピオンを決めることが出来たわけですから、それがほんの僅かの差で無くなってしまったショックは大きかったことでしょう。この悔しさを胸にしまい、来年にはより強いドライバーとなってリベンジしてもらいたいものです。

 ハミルトンが7点リードで有利に迎えた最終戦でした。あっさりチャンピオンが決まってしまうのかと冷ややかな目でレースを見ていましたが、最後に波乱もあり、意外に楽しませてくれたレースでした。今年はこれでF1は閉幕ですが、来年はより楽しませてくれるシーズンを期待したいものです。
Es-IMAGES, 2008
[PR]
by es-images | 2008-11-03 12:21 | F1 | Comments(2)
Commented by mintslife at 2008-11-03 22:43 x
こんばんは。
いつもTBでお世話になっております。
今シーズンも終わってしまいましたねぇ。
早くも新車が楽しみだったりしますが・・。(汗)
来シーズンも、どうぞよろしくお願いします!
Commented by es-images at 2008-11-04 00:38
mintslifeさん
こちらこそ、お世話になっています。来シーズンはまたいろいろ車体に関するレギュレーションが変わるので、どんなマシンを各チーム作ってくるのか見物ですね。また宜しくお願いします!
<< McLaren Team Vi... 九十九電機が民事再生法の申請 >>