グローバル版XPERIAでAUのMVNO SIMを認識させる方法
先日グローバル版のXPERIA X(F5122)を海外サイト(ETOREN)から購入しました。無事に到着して使用しているのですが、この度MVNOとして使っているIIJmioが、「今なら追加SIMもう1枚無料キャンペーン」というのを始めていました。

c0045442_1016284.jpg

そこで、かねてから使ってみたかったAU回線のSIMを手に入れようと思い、早速申し込んでみました。IIJmioでは、タイプDというドコモの回線とタイプAというAUの回線を、使っているデータプランの容量をシェアしながら使えるというユニークな使い方が出来ます。

c0045442_10421697.jpg

到着したSIMを早速XPERIA Xに装着したのですが、なかなか電波を拾いません。アンテナマークが⊿になったままなのです。APNの設定も書いてあるとおりにしたのですが、場所が悪いのかと移動してみても一向に電波を拾いません。実はIIJmioのHPにはタイプAの動作確認機種にXPERIA Xは入っていないのですが、LTEのバンドは規格では対応しているし、何とかなるだろう、という軽い気持ちで申し込んだのでした。
どうしたものかと、ネットで解決法をいろいろ探してみたところ、いましたよ、グローバル版のXPERIA X Performance(F8132)をmineo(AU)のSIMで認識成功させた方が。サービスモードを使っての方法で、それを試したところ、見事にXPERIA Xでも電波を拾い、データ通信出来るようになりました!
ですが、いちいちサービスモードに入るのも面倒なので、他にやり方は無いかと探してみたら、設定の工夫で認識できるようなので試したところ、上手くいきました。

c0045442_10563049.jpgその方法ですが、設定から「モバイルネットワーク設定」の「優先ネットワークタイプ」を開いて、

c0045442_11143155.jpg「優先ネットワークタイプ」を「LTEのみ」とします。

c0045442_11193838.jpgさらに「アクセスポイントの設定」(APN設定)から「ベアラー」を「LTE」にします。

そして一度再起動すると、見事にAUの電波を拾ってデータ通信出来るようになりました。
そもそもAUのMVNOはLTEしか使えないもののようなので、以上のような厳密な設定が必要なのかも知れません。ともあれ、家の中ではドコモより電波を拾うので、これからは出先でも使い心地を検証してゆこうと思います。
ちなみに、この方法でグローバル版のXPERIA Z3(D6653)、Z3 Tablet Compact(SGP621)も認識可能でした。
[PR]
# by es-images | 2016-11-13 11:31 | Mobile Gadget | Trackback | Comments(2)
1/8秒で頑張る会 ー其の弐ー
c0045442_18245657.jpg
一昨日、「1/8秒で頑張る会」を勝手に発足させたばかりですが、第二弾はそれ以下の部です。
こちらはFP3、逆バンクのカメラマンエリアからの撮影です。最上段にでかい望遠レンズを構えた方から立たないでくれ等と注文をされながら、後ろに居なくなったら立ち上がって、広角レンズを空に構えていました。広角系レンズで、こちらのようにマシンを端っこに置く構図ですと、レンズの構えは空を向けるようになりますので、一見すると「何で空撮ってるんだ」的な滑稽な撮影スタイルになります。ちなみにこちらは1/6秒というシャッター速度でした。曇れば曇るほど、遅いシャッター速度が稼げますね。

c0045442_18301216.jpg
こちらはパドッククラブのテラスからの写真ですが、データを調べてみたら0.5秒でした。1/8秒の4倍遅いシャッター速度となります。果たしてこれがただの被写体ブレまくりの写真になるのか、芸術的な写真(爆)になるのかは評価が分かれるでしょうが、私は面白く撮れたなと自己満足に浸っております。


さて、こうした頑張る会で撮れるようなスローな写真(広角系)を撮るコツを伝授致しましょう。
カメラの設定が大事ですが、手っ取り早くは以下のようにすると良いでしょう(キャノン系)。

カメラのモードはAv(絞り優先)にして、最大絞り(F22とか)にしておく。
感度のISOを設定出来る最低値にする(100とかLとか)。
ピントはマニュアル(Mモード)にしてあらかじめ路面にピントを合わせておく。

Tv(シャッター速度優先)モードで1/8固定にする手もありますが、それですと、周りが明るくなった時に絞りが追いつけなくなり、露出オーバーになってしまいます。
ISO設定はA(オート)にしていると、感度が上がってしまうことがあるので、最低設定推奨です。
ピントをMにするのには勇気がいるかも知れませんが、AFのままですと、ピントを合わせようとする心理が働いて、どうしても「日の丸構図」になってしまいます。また絞り数値が大きいので、被写界深度が深くなる効果があり、ピント外れはあまり気にならなくなります。

あとは、練習あるのみ!と偉そうに言いたいところですが、練習なんてしなくても良いです。私も練習してません。去年の日本GPから一年間、こういう写真撮っていませんでしたから(笑)ぶっつけ本番でいいので、ただひたすらレンズをマシンに合わせてシンクロさせるように振って下さい。慣れてくるときっと1000枚に一枚位、いや2000枚かも知れませんが、芯の残った写真が偶然撮れると思います。カメラの再生画像を見て、途中で駄目だと思って止めてはいけません。30分でも1時間でも降り続けるのです(笑)帰ってからデータをパソコンで見るのが楽しくなりますよ。

あらかたこんな感じです。では皆さん思い思いのスロー撮影ライフをお楽しみ下さい!
[PR]
# by es-images | 2016-10-10 18:55 | 2016 日本GP | Trackback | Comments(2)
ルイスの憂鬱
c0045442_21363885.jpg
表彰台に上がってつまらない表情をするドライバーは今まで何人かいたけれど、今日のルイスもその仲間入りしましたね。
自らの失敗?でもしかすると優勝したかも知れない機会を逃してしまい、ポイント差も大きくなってしまいました。
勝って喜ぶニコよりも、こちらを今日はチョイスしました。

さてさて、今年は夏のハンガリーにも行けず、初めてのしかも2日限りのF1観戦でしたが、まぁ、それなりに楽しむことが出来ました。
ただ気になるのはお客さんの入りがやはり少ないこと。帰りも8時前でシャトルバスは待ちが5分、タクシーは客待ち状態。サーキット近辺は渋滞も無く、タクシーの運転手さんは「これは普段のこのあたりだよ」とボヤいていました。

来年、また鈴鹿に今度は金曜日から来たいものです。
[PR]
# by es-images | 2016-10-09 21:44 | 2016 日本GP | Trackback | Comments(0)
1/8秒で頑張る会
c0045442_2317234.jpg
今年のF1日本グランプリ、今日から天気が下り坂であまりF1のカラーが映えない天候のなか、1/8秒でスロー撮影を楽しんで参りました。
さて明日の決勝、どうなるでしょうね。
[PR]
# by es-images | 2016-10-08 23:26 | 2016 日本GP | Trackback | Comments(2)
パドッククラブパスが来た2016。
c0045442_2247014.jpg


今年も鈴鹿はパドッククラブで観戦します。…ですが、例年よりテンション低めで、惰性で購入したといっても過言ではありません(爆)。
ちなみに、宿は知人の計らいで白子に確保できました(笑)
再来週、鈴鹿サーキットで会いましょう!
[PR]
# by es-images | 2016-09-23 22:50 | 2016 日本GP | Trackback | Comments(0)
今年のハンガリーGPですが…
c0045442_21124368.jpg2016年のF1も中盤戦にさしかかり、次はいよいよハンガリーGPが2週間後に迫って来ました。さて、毎年夏休みの観戦として、ハンガロリンクを訪ねていましたが、今年は行かないことにしました。昨年までで合計14回、最近は8年連続で行っていましたが、ここで一旦小休止したいと思います。
6月半ばまでは何とか行こうかと考えていましたが、最近の仕事の忙しさ、そしてやはりハンガリーに行くには相当なエネルギーが必要でして、また帰ってから直ぐに通常業務への復帰もだんだんキツくなってきたから、が大きな理由と言えます。
ですが、さらに敢えてもう一つの理由を挙げるとすれば、「今年のF1、わざわざ海外まで見に行く情熱が湧かなくなった」でしょうか。最初に挙げた理由と関係するかも知れませんが、歳を取ったから、重い機材を持っていくのが億劫になったから、というのもあるのかも知れません。じゃあ撮影を止めれば、と言う考えもあるかも知れませんが、私にとってF1観戦は写真撮影と一心同体なのです。
予定も何とか空ける事は出来たし、問題なくVIP観戦(笑)出来るように観戦費用も確保出来ましたが、様々悩んだ末に最終的には止めることにしました。
幸いずっと迷っていためにチケットは発注しておらず、ホテルもキャンセル費用は発生せず、唯一、航空券代だけ3万円の違約金が生じました。

…というわけで、今年のハンガリーGPは、日本からTV観戦をしたいと思います!

そうそう、今年の生F1は秋の鈴鹿だけになるのですが、今のところそれも昨年同様土日の2日間のみになりそうで、ますますF1との距離が遠くなりそうです…。
[PR]
# by es-images | 2016-07-11 21:38 | Travel | Trackback | Comments(4)
見えちゃったからしょうがない(笑)RedBull AirRace
c0045442_22214633.jpg
仕事でたまたま宿泊した幕張のホテルから、なんとエアレースの練習飛行を見ることが出来ました。チケット?買っていません。21階の部屋からまさに「高見の見物」をちょっとだけしてしまいました。午後の予選は強風でキャンセルになってしまったようですが、明日のレースは開催できることを祈っています(笑)


c0045442_2227511.jpgちなみに泊まったホテルはニューオータニ。朝食の時にエアレースの外人スタッフが沢山来ていて、なんだかブダペストのインターコンチの朝を思い出してしまいましたよ(笑)
[PR]
# by es-images | 2016-06-04 22:29 | Sports | Trackback | Comments(0)
大型連休2016
c0045442_11441473.jpg
連休の後半を利用して、いつもの福井散策でした。大野、九頭竜湖、鯖江、三方五湖、武生、越前海岸という旅程でした。毎回代わり映えしないので今回は三方五湖での一枚です。
[PR]
# by es-images | 2016-05-07 11:47 | Travel | Trackback | Comments(2)
2010 DVAG CAP "Stuttgard Appearance"
c0045442_115267.jpg2010 DVAG small personal cap "Stuttgard"
こちらのキャップは、ミハエル・シューマッハが2010年1月25日にシュツッツガルドで行われたメルセデスのチーム体制発表会で使用していたものとなります。この時一回だけしか着用されなかった、大変に貴重なものです。

c0045442_11571456.jpg後ろから見るとこんな感じです。

c0045442_11575981.jpgカーナンバーの”3”を表した部分ですが、刺繍では無くて小さなゴムの先っちょが剣山のように立っているというものです。

c0045442_1204541.jpg実際の写真がこちらです。3年の休養を経てのF1復帰となったこの時でしたが、何を考えていたのでしょうかね。


久々のF1グッズに関してのお話でした。グッズに関しては細々とオファーがあり、興味があるモノについては入手しております。ぼちぼちこちらでも紹介したいと思います。
[PR]
# by es-images | 2016-04-30 12:07 | Goodies Caps | Trackback | Comments(2)
さよならマイカー
c0045442_9144024.jpg長年乗ったマイカーを手放す事にしました。


2000年の9月から乗り始めたVW GOLF IV 25JAHRE、ここのところ故障が頻発するようになりました。買い換えの決定打となったのは、エアバッグ警告灯の誤点灯から、インパネ全体の全誤作動が頻発して、始動時に警告音が五月蠅い位になり出すようになったトラブルでした。
ディーラーに持って行きましたが、修理には10万円単位でかかるとの事。
いつもなら、それでも修理でお願いします、という所でしたが、流石に運転者の安全を守るエアバッグの不具合は、まるで車が「もう勘弁してくれ」と言っているような感じがして、今回これを修理しても、年代的にまた別の不具合もすぐに出るだろうなと思い、これ以上はもう諦めようという事にしました。ディーラーの営業さんからの強烈な新車勧誘(お値引き)も背中を押しました。

c0045442_9192083.jpgゴルフIV25周年モデルの左ハンドルに乗って16年、いつの間にやら40周年記念パッケージなんて発売されていますね。街中で25JAHREのエンブレムを見かける事も皆無になっていて、孤軍奮闘状態でした(笑)。この間修理等に費やした金額は、もう一台新車が買えるほどに達していて、ディーラーさんは工場は喜んでいましたよ、なんて言っていましたが。

16年間に遭遇した大きな不具合としてJAFのローダーをお願いした事は2回でした。最初はバッテリー端子の錆による突然の電源喪失、二度目は冷却ファンの不具合でオーバーヒート寸前になったことでした。それ以外はシフトショックでバルブボディーの交換、オイル上がりでシリンダーヘッド交換が大きな出費を伴うものでしたが、13万キロを過ぎた辺りからこういったトラブルが多くなってきていました。それでも手放さずに乗り続けた理由は、新しいモデルに左ハンドルが無かったから、だったのです。

161963Km、流行の言い回しをすれば、地球4周とちょっとの距離を走りました。無事故で楽しくここまで来られたのもこの車だったからかも知れません。

16年間本当にありがとう。
そしてさようなら、25JAHRE!

・・・そして、次はVIIに乗り替えました。右ハンドルにスイッチです。
[PR]
# by es-images | 2016-04-10 09:27 | Life | Trackback | Comments(0)